« 竜爪山 | トップページ | 中里富士塚、滝の城址 »

平山温泉(御殿乳母の湯)

竜爪山の帰り、則沢まで降りましたけど、もちろんオンデマンドのバス運行時間。
そのまま歩いて下って行きに降りた平山を通り、さらに下って行くと平山温泉がありました。
則沢から20分くらいだったでしょう。近づくと硫黄の香りが漂っていました。これは期待できます。

2011011011

入口から下っていくと階段も出てきてだいぶ下にありました。川の近くまで下ります。ごく普通の民家のような入口を入りました。

基本的には旅館ですが、日帰り入浴ができます。日帰り一回入浴は500円。ただし浴場に日帰り一回の方は一時間以内でと書かれていました。

浴場は昭和の香りがプンプンするレトロな浴場。タイルなどもだいぶ古い感じです。お風呂は基本的に石鹸などは使えず、体に掛け湯して、後はドボンと入るだけになっています。浴場は小さく、真ん中に岩を配置し、その周りに浴槽がありますが、8人くらいでいっぱいではないでしょうか。

単純硫黄泉のお湯は透明です。硫化水素の香りがしっかりします。空いていた所に入ったのですが、かなりぬるめのお湯でした。よく見ると、浴槽が二つに分かれていて、お湯が出ている所と仕切られていてぬるめになるようになっている方でした。でも、長く入っていると不思議とポカポカと体が温まります。

一時間たっぷり入って体の芯から温まりました。地元の方に愛される温泉ですね。こういう温泉は団体さんには向きません。また、洗髪もできません。でも、ここに寄るために平山に降りたというのも過言ではありません。期待通り、いかにも湯治場という雰囲気のある良い温泉でした。(^^)

« 竜爪山 | トップページ | 中里富士塚、滝の城址 »

温泉(中部)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平山温泉(御殿乳母の湯):

« 竜爪山 | トップページ | 中里富士塚、滝の城址 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ