« 仲の平から数馬峠、土俵岳南尾根 | トップページ | 瀬淵山から雨降山 »

滝山城跡と高月城跡

21日はあまり天気が良くなかったので、お散歩へ。

八王子から戸吹行きのバスに乗ります。バスは20分に1本程度です。
丹木二丁目で降ります。以前は滝山二丁目というバス停だったようですが、名称が変わったようですね。

2011022001

手前に入口と書かれていたのでそちらに入ったのですが、農地で道が終わっていました。
適当に歩いたら、なんとかまともな道に出ました。

2011022002

大きな空堀のような跡があります。

2011022003

二の丸跡は雑木林のような感じ。中心に位置していて城主がいたのではないかと書かれていました。

2011022004

広い所に出ると中の丸跡。

2011022009

先の方へ行くと多摩川を眺めることができました。近くにいた子供が「東京にもこんな絶景があるんだね」なんてお父さんと会話していて微笑ましかったです。

2011022005

引き橋を渡ると本丸跡。中の丸の方が広い感じですね。右に登ると霞神社があり、その先にも神社がありました。

2011022006

引橋の下を通って少し急な坂を東秋川橋の方に向かって下っていきます。こちらは裏門に当たる場所。道路に出て、少し歩くと、樹齢400年のクワの木があります。だいぶ朽ちかけている感じでした。

2011022008

 

しばらく歩いて、円通寺の先のホテルの看板の所を曲がって高月城跡へ。道標などはない細い道に入るとじぐざぐに登って、高月城跡に着きます。畑があるだけの場所で、周りは木があって眺めはありませんでした。

2011022007

ひっそりと梅がよく咲いていました。

途中、道に迷って大回りになってしまいましたが、東秋留駅まで歩きました。

« 仲の平から数馬峠、土俵岳南尾根 | トップページ | 瀬淵山から雨降山 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 滝山城跡と高月城跡:

« 仲の平から数馬峠、土俵岳南尾根 | トップページ | 瀬淵山から雨降山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ