« 春なのに | トップページ | タカオスミレとヒナスミレを探して »

桜のお花見(北の丸公園・皇居付近)

今日は雨と風の一日でしたが、こんなときに桜のお花見に。

2011040902

先日満開のアナウンスがされていましたが、やはりきれいです。

2011040903

人が多くて写真が撮れませんでしたが、武道館に入るあたりは桜のトンネルでした。

2011040901

散歩がてら皇居の外周をウォーキング。千鳥ヶ淵付近もよい感じ。手前は菜の花でした。

2011040905

一周して戻ってきました。

2011040904

充分に満喫した一日でした。

« 春なのに | トップページ | タカオスミレとヒナスミレを探して »

」カテゴリの記事

コメント

きれい!ですね。
東京に出てきてすぐの春に、叔母が千鳥が淵の桜を見せに連れていってくれました。
そこから靖国神社まで行き、こんなに哀しい思いが記録されている場所をがあるのか、と初めて経験をしました。
人間魚雷というのも初めてここで知りました。
神宮外苑での学徒出陣の写真を見て、ゴマ粒のようにしか写っていないそれぞれの学生さんのお顔も、自分の子供だったら絶対見つけるでしょうね、という叔母の言葉に愕然となったことを思い出しました。
あれ以来、あまりに哀しすぎて訪れる機会をなくしています。
それでも、あの千鳥が淵の桜のみごとさは目に焼きついています。
自然に罪はありません。
いろんな哀しみがあっても、自然の美しさは、心になにかしら沸き立つものを与えてくれますね。

chiyomiさん、こんにちは。

雨と風でしたけど、行ってみて良かったです。

日本武道館は自分にとっては入学式があった思い出の場所です。
その日は気持ちよい晴れの日でやはり桜がよく咲いていたことを覚えています。

人間が犯してきたたくさんの過去の過ち。
それを繰り返さないようにすることも今を生きる人達の大事な道なのだと思います。
おっしゃる通り、桜には罪はありません。
ぜひ、機会があれば、天気の良い日に訪れてみてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜のお花見(北の丸公園・皇居付近):

« 春なのに | トップページ | タカオスミレとヒナスミレを探して »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ