« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

滝子山周辺のお花達

お花の種類としてはそれほど多くは見つけられませんでしたけど、
それなりに咲いていました。

2011052111シコクスミレ。

2011052114 このあたりはフイリフモトスミレでした。

2011052116

下の方でギンリョウソウを見つけました。これを見るともうそろそろ梅雨かな。

2011052123

そしてアカバナヒメイワカガミ。やっぱり何度見ても良いものでした。(^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恵能野からアモウ沢乗越、滝子山へ

21日(土)は滝子山へ。

2011052101

久しぶりに大月駅で下車したら駅前が広くなっていました。ロータリーでもできるのかな。バス停はまだ前の通りでしたが、新しいバス停らしきものが作られているようです。
ハマイバ方面へのバスに乗り、遊仙橋で下車します。

2011052102

あまりはっきり目立ちはしませんが、藤の花が結構咲いていました。

2011052103

なんでこんな所にベニサラサドウダンが!民家の目の前にあるのでちょっとびっくり。植栽もあるのですね。

2011052104

奥の方に行くと神社があります。これからの山行の無事をお祈りしました。

2011052105

恵能野川に沿って遡っていきます。小滝もあるようです。

2011052106

山の神に辿り着きました。もう屋根が落ちて朽ちるのを待つ状態になっていました。

2011052107

踏み跡が分かり難く、途中迷いましたが、なんとか堰堤にたどり着きました。

2011052108

山に取り付きます。かなりの急な尾根で結構きついです。新緑がきれいでした。

2011052109

途中にはミツバツツジが多かったです。尾根は細く、岩場も多いし、なかなか時間が掛かりました。

2011052110

ようやく一般道に出て、滝子山に向かいます。笹子駅からの道が合流すると登山者が増えます。久しぶりの鎮西ヶ池。

2011052112

山頂からはぼんやりとしていたものの、富士がしっかり見えていました。

2011052113

オオカメノキも咲いていました。

2011052115

下りは初狩駅へ。新緑がきれいでした。写真だとなかなかあのきれいさは写せませんね。
後でしっかり筋肉痛になった下りでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

琴平丘陵で靴が...

まだまだ近場の山でも歩いていないコースはいくらでもあります。琴平丘陵もそんなコースの一つ。15日はやっぱりいいお天気なので出掛けることにしました。

2011051501

西武秩父から秩父鉄道お花畑駅で乗り換えて一つ先の影森駅で下車します。

2011051502

しばらく歩いて影森バス停を見て左に曲がり、大淵寺がスタート。

2011051503

軽く登って少し先へ行くと、大きな観音像。護国観音というそうです。

2011051504

観音像前からの広い眺めはなかなかです。

2011051505

ちょっと岩のごつごつした感じの尾根をしばらくアップダウンで岩井堂。

2011051506

階段を登ると岩棚になっていて、石仏が置かれていました。

2011051507

仏国禅師の座禅石と伝えられている岩がありました。

2011051508

秩父修験堂には石祠がありました。ここから鉄の階段で下ります。

2011051509

長者屋敷跡。あずまやがあって、休んでいる人達がいました。

2011051510

ヤマツツジもちらほら見掛けました。

2011051511

398.8m三角点峰につきます。三等三角点は結構大きいです。

2011051512

しばらく下っていって沢を渡ると、武甲山入口の石標がありました。しかし、昭和の時代に採掘のために通れなくなったようです。

2011051513

シャガがよく咲いていました。

しかし、のんびりと歩いていたら、何か左足の足下に違和感が。歩くたびに変な音がしたので不審に思って靴を見ると、なんと靴底が割れているではありませんか!前の方はしっかりとまっていたので靴底全部はがれるのは避けられましたが、完全にパカパカ状態に。仕方ないので、左足を引きずるように歩きました。

2011051514

ちょっと恥ずかしい感じですけど、そのまま羊山公園へ。さすがに芝桜には遅かったようです。若山牧水の滝を見て、西武秩父駅まで歩きました。

今回は普段滅多に履かない軽ハイキング用のシューズで半年くらいは履いていないものでした。まさか加水分解するとは思いませんでしたが、やっぱり履かないとだめですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

扇山付近のお花達

ヤマツツジはすごかったですけど、それ以外のお花も結構ありました。

2011051410 チゴユリ。

2011051411

ニオイタチツボスミレは朝に見つけたので良い香りたっぷり!

2011051412 タチツボスミレ。

2011051413 アカネスミレ。

2011051414 アケボノスミレ。

2011051415 ナガバノスミレサイシン。

2011051417 イカリソウ。

2011051418 ジュウニヒトエ。

いろいろなお花が咲いていた楽しい歩きでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

扇山入尾根から南尾根

14日(土)は扇山へ。

2011051401

土曜日は本町三丁目から7:20発の不老下行きがホームページに乗っていました。(日曜日はありません。)上野原駅から6:55発新井行きか7:05発の本町三丁目行きに乗れば、乗り継げるはずです。

ということで余裕を見て新井行きに乗りました。しかし、本町三丁目で降りると不老下方面の時刻が書いてないのであせりましたが、一本道路が違う所にありました。同じバス停名ですけど2箇所にあるんです。

そちらに行ってみると、平日には7:20が書いてあるものの土曜日の欄に不老下行きが書いてありません。
これで万事休すか?待っていてもしょうがないかと歩き出しました。が、もしかしたら来るのではと二つほど行ったところのバス停で気になって待ちましたが、時間になっても来ません。やっぱり無理だったかと少し歩くと、後から車の音が聞こえて振り向くとバスが来たではありませんか!
あわてて合図して乗り込みます。ということでどたばたしたものの予定通り乗ることができて、不老下で下車しました。まだ7:40にならない早い時間でした。

2011051402

棚頭の集落に向かいます。新緑の山々がいい感じで、集落が点在する静かな山村という感じでした。

2011051403

入集落から入尾根に取り付きます。下部は植林が多かったですが、のんびりと登っていくと古いファンタの空き缶が転がっていたりして、昔はハイキングコースとして使われたのかも知れません。ちょっと岩っぽい急登もこなしていくと、明るい所に出ました。

2011051420

登っていけば、山頂に着きました。まだ10時前でしたけど、もう団体さんがお昼を取っていました。自分も早いけど、昼食にしました。

2011051404

山頂からはちょっと霞んではいたものの、久しぶりに富士山を見ることができました。

2011051405

こんなに早い時間に下山にかかるのも滅多にないこと。大久保のコルからしばらく登山道を下りますが、たくさんの人に会いました。途中からツツジ群生地の道標を見て、そちらに入ります。行ってみると蕾はたくさん付いていたけど、まだ咲いていない木が多かったです。

2011051406

しかし、下へ行くと、だんだん咲いている木が多くなり、赤色の洪水に圧倒されます。

2011051407

山が燃える、というのは過大な表現のようですが、本当にすごいですよ。

2011051408

ヤマツツジのトンネルを通っているような感じがかなりの下部まで続きました。

2011051409

道路に出た所にも道標がありました。梨ノ木平まではわずかな距離。のんびりと道路を歩いて下り、鳥沢駅に着いたのは、まだお昼前。午前中で終わった山歩きでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカヤシオを見に家の串、田沢奥山

8日は満開のアカヤシオを見てみたいと思い、群馬へ。

2011050801

久しぶりにわたらせ渓谷鉄道に乗ります。
茶色のディーゼル車が渋いですよね。

2011050802

もう下の方はヤマツツジが咲いておりました。

2011050803

小中駅で下車し、林道を延々と歩いていきます。素晴らしい新緑に目を奪われます。まだ八重咲きの桜がよく咲いていました。

2011050804

ミツバツツジもたくさん咲いています。

2011050805

林道終点。あんなに良かった青空が消されてしまい、代わりに黒い雲に覆われてしまいます。アカヤシオなんてまったく見掛けず、これはやっぱりだめかなと意気消沈気味でした。

2011050806

まだらな天気で急に晴れて明るくなったり曇ったりを繰り返しました。久しぶりにコガネネコノメソウを見ることができました。

2011050807

稜線に出て、鉄塔へ向かうと、向こうの山にはアカヤシオの群落が。
でも、この写真じゃ小さすぎて見えませんね。(^^;

2011050808

登っていくと、ようやくアカヤシオが咲いていました。でも、満開にはちょっと早い感じ。稜線はまだ少し風が冷たかったです。

2011050809

それなりには咲いていましたけどね。向こうは袈裟丸山だと思います。

2011050810

1215.6mのピークの向こうがかなりの密度。でも、あんな所には行けそうもありません。それでも遠くから見るだけで満足でした。

2011050811

こんな笹の中の小道がいい雰囲気です。

2011050812

田沢奥山に登ります。小さいけど、結構きつかったです。

2011050813

袈裟丸山はやっぱり大きいですね。

2011050814

下へ降りると天気が良いのが頭に来ますね。今は追付橋からの帰りのバスがなく、また延々と林道を歩いて小中駅へ。4時12分の電車に間に合いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大谷田温泉 明神の湯

こどもの日は少し寒い感じでしたので久しぶりに温泉探訪へ。

2011050501

ということで亀有にある大谷田温泉 明神の湯に行きました。
亀有駅への行き方が分からず、JR駅なのに検索すると日暮里から地下鉄に乗れ、って出てきました。なんでだろうと思ったら、快速はJRが運行しているけど、各駅停車は綾瀬から地下鉄の電車がそのままJRに乗り入れしているんですね。こっちの方に用事があまりないので、常磐線は快速しか乗ったことがなくて初めて知りました。

葛飾車庫方面行きのバスに乗って大谷田一丁目という所で下車。ところが、もう少し先に大谷田というバス停があって、そちらの方が近かったのでした。でも、歩いてごくわずかな距離でした。

施設に入ると、うまく木を使ってレトロっぽい雰囲気を出しています。
入浴料は通常は1200円なんですけど、今はサウナの工事中なので特別料金で600円になってました。でも、自分は温泉施設だと温泉一本槍なので、この料金は嬉しいかも。
でも、入ったら源泉サウナがあって、サウナ好きの人も楽しめますよ。

お湯はナトリウム-塩化物泉のようです。しかし、成分表を見てびっくり。
なんと30000mgを越えているではありませんか!

自分が見た成分表の中ではこれはトップかも。
長野の秋山郷の小赤沢温泉が今までのトップだったけど、それでも23000mg。
まさかその濃さを越える温泉が都内にあったとは思いませんでした。

入ってみると、熱めのお湯は茶褐色で、少し鉱物臭のような匂いがあります。
ぬるめだと黄金色で若干色が違うようです。
ただ、内湯の中はちょっと塩素の匂いが漂っているので今ひとつ。
こんな所がやっぱり田舎のきれいな空気とは違う所がちょっと残念でした。

露天風呂は普通のお湯みたいです。
なので内湯の温泉に浸かっては外に行って涼むのを繰り返しました。(^^;
源泉サウナも入ってみましたが、そんなに厳しい暑さではないので、結構いいかも。

意外に遠いので再訪するかは微妙ですけど、記憶に残る濃さの温泉でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

小沢峠から黒山、岩茸石山

4日は奥多摩へ。

2011050401

東青梅駅北口から上成木行きのバスに乗ります。
上成木から歩き始めると、素晴らしい新緑に目を奪われました。

2011050402

久しぶりの小沢峠。いつもながら静かな場所ですね。

2011050403

結構きつい登りで汗をかかされました。長久保山を通ります。

2011050404

黒山が近づくと芽吹きの木々がきれいでした。

2011050405

黒山の山頂も明るい良い雰囲気です。

2011050406

棒の折山はパスして岩茸石山に向かいます。まだミツバツツジが咲き残っていました。

2011050407

途中のピークには逆川ノ丸という木札が付いていました。

2011050408

岩茸石山に着くと、かなりの人。でも、新緑の山々をよく見ることができました。向こうは川苔山方面。

2011050409

こちらは歩いてきた黒山や棒の折山方面。しばらく眺めながら食事にしました。

2011050410

一般道から外れて馬仏山へ。プレートが半分になってしまっていました。

2011050411

沼沢尾根を下って川井駅へ。小さな新しい駅舎に変わっていました。

2011050420

今日のスミレはフモトスミレ。黒山と馬仏山までの間は多くの人に会いましたが、それ以外は比較的静かな山歩きでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日光和の代温泉 やしおの湯

鳴虫山を降りてからしばらく歩いていたら雨がまたぽつぽつと降り出しましたけど、なんとかやしおの湯に到着しました。

2011042918

人がいたので中途半端な写真ですいません。

入浴料は市外者500円と安価です。
お風呂は長い感じの内湯と岩の露天風呂になっています。
内湯はちょうどいい感じ。ちょっと塩素臭があるものの、アルカリ度があって若干すべすべ感がありました。なかなかいい感じです。入りませんでしたが、サウナもあるようでした。

露天風呂が気に入ってしばらく入っていましたが、入りすぎたのか再度内湯に入った時にちょっとのぼせてしまいました。おかげで浴槽の外へ出た時に足を滑らせて浴槽に足を打ち付けて軽い怪我をしてしまいました。山で怪我しなかったのに。

普通は清滝一丁目バス停から歩かねばなりませんが、本数は少ないものの目の前にバス停があります。ちょうど着いた時1時間30分後にバスがありましたので、目の前のバス停から日光駅行きに乗りました。

なかなかよい温泉でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

火戸尻山から鳴虫山

やはりGWは長丁場の歩きを頑張りたい。ということで29日(金:祝)は久しぶりに栃木へ。火戸尻山から鳴虫山を歩いてきました。ちなみに火戸尻山は一般登山道はありません。

2011042901

今市駅からのバスは地元の駅からでは間に合わないので、新鹿沼駅からのバス乗って終点の小来川森崎で下車します。今市からのバスは後15分ぐらい遅くしてくれるといいのにね。まあ地元の人のためなので仕方ないのでしょう。歩き始めは9時でした。

2011042902

しばらく歩いて坂本バス停から取り付きます。神社から踏み跡の少ない尾根をしばらく歩くと石仏のある場所がありました。地元の人でさえあまりこなさそうな所。

2011042904

途中は結構な藪の所があったりしながら歩いていき、ようやく626.9mの三角点のあるピーク。ここからの下りは磁石で何度も方角を確認しながら下りました。

2011042905

なおもひたすら尾根を歩きます。火戸尻山が近づくとアカヤシオがちらほらと咲いていました。

2011042906

ようやく着いた火戸尻山は樹林の中で眺めのない山頂でした。

2011042907

明るい尾根に変わって下っていきます。

2011042908

途中にはミツバツツジが咲いていましたが、まだ蕾が多い感じでした。

2011042909

途中、右側が大きく伐採されている所を通ります。かなりの高度感。一人だけ下ってくる人に会いました。

2011042910

996mのピークを過ぎるとようやく鳴虫山が樹林越しに見えるようになりました。なかなか形がいいですね。

2011042911

カタクリがちらほらと咲いていました。

2011042912

ようやく着いた鳴虫山。大きな二等三角点がありました。すでに2時前でした。

2011042913

今年はやはり気温が低かったせいか、まだアカヤシオは蕾の方が多い感じです。

2011042914

それでもそれなりに咲いている木はありました。

2011042915

温泉に行きたくなったので含満淵を目指します。

2011042916

途中には下笹のある日光らしい感じの道の所があります。しかし、この下り道、かなりの急降下があったり、木段が使えなくなったりしていて歩きにくい所が多々あります。ある程度山慣れている人の方がいいみたいです。

2011042917

ようやく下り着いて分岐を左へ。公園があり、女峰山方面が見えていました。この後はやしおの湯に向かったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »