« 大茅南尾根から三頭山 | トップページ | 日光和の代温泉 やしおの湯 »

火戸尻山から鳴虫山

やはりGWは長丁場の歩きを頑張りたい。ということで29日(金:祝)は久しぶりに栃木へ。火戸尻山から鳴虫山を歩いてきました。ちなみに火戸尻山は一般登山道はありません。

2011042901

今市駅からのバスは地元の駅からでは間に合わないので、新鹿沼駅からのバス乗って終点の小来川森崎で下車します。今市からのバスは後15分ぐらい遅くしてくれるといいのにね。まあ地元の人のためなので仕方ないのでしょう。歩き始めは9時でした。

2011042902

しばらく歩いて坂本バス停から取り付きます。神社から踏み跡の少ない尾根をしばらく歩くと石仏のある場所がありました。地元の人でさえあまりこなさそうな所。

2011042904

途中は結構な藪の所があったりしながら歩いていき、ようやく626.9mの三角点のあるピーク。ここからの下りは磁石で何度も方角を確認しながら下りました。

2011042905

なおもひたすら尾根を歩きます。火戸尻山が近づくとアカヤシオがちらほらと咲いていました。

2011042906

ようやく着いた火戸尻山は樹林の中で眺めのない山頂でした。

2011042907

明るい尾根に変わって下っていきます。

2011042908

途中にはミツバツツジが咲いていましたが、まだ蕾が多い感じでした。

2011042909

途中、右側が大きく伐採されている所を通ります。かなりの高度感。一人だけ下ってくる人に会いました。

2011042910

996mのピークを過ぎるとようやく鳴虫山が樹林越しに見えるようになりました。なかなか形がいいですね。

2011042911

カタクリがちらほらと咲いていました。

2011042912

ようやく着いた鳴虫山。大きな二等三角点がありました。すでに2時前でした。

2011042913

今年はやはり気温が低かったせいか、まだアカヤシオは蕾の方が多い感じです。

2011042914

それでもそれなりに咲いている木はありました。

2011042915

温泉に行きたくなったので含満淵を目指します。

2011042916

途中には下笹のある日光らしい感じの道の所があります。しかし、この下り道、かなりの急降下があったり、木段が使えなくなったりしていて歩きにくい所が多々あります。ある程度山慣れている人の方がいいみたいです。

2011042917

ようやく下り着いて分岐を左へ。公園があり、女峰山方面が見えていました。この後はやしおの湯に向かったのでした。

« 大茅南尾根から三頭山 | トップページ | 日光和の代温泉 やしおの湯 »

登山(尾瀬・日光)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 火戸尻山から鳴虫山:

« 大茅南尾根から三頭山 | トップページ | 日光和の代温泉 やしおの湯 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ