« 小沢峠から黒山、岩茸石山 | トップページ | アカヤシオを見に家の串、田沢奥山 »

大谷田温泉 明神の湯

こどもの日は少し寒い感じでしたので久しぶりに温泉探訪へ。

2011050501

ということで亀有にある大谷田温泉 明神の湯に行きました。
亀有駅への行き方が分からず、JR駅なのに検索すると日暮里から地下鉄に乗れ、って出てきました。なんでだろうと思ったら、快速はJRが運行しているけど、各駅停車は綾瀬から地下鉄の電車がそのままJRに乗り入れしているんですね。こっちの方に用事があまりないので、常磐線は快速しか乗ったことがなくて初めて知りました。

葛飾車庫方面行きのバスに乗って大谷田一丁目という所で下車。ところが、もう少し先に大谷田というバス停があって、そちらの方が近かったのでした。でも、歩いてごくわずかな距離でした。

施設に入ると、うまく木を使ってレトロっぽい雰囲気を出しています。
入浴料は通常は1200円なんですけど、今はサウナの工事中なので特別料金で600円になってました。でも、自分は温泉施設だと温泉一本槍なので、この料金は嬉しいかも。
でも、入ったら源泉サウナがあって、サウナ好きの人も楽しめますよ。

お湯はナトリウム-塩化物泉のようです。しかし、成分表を見てびっくり。
なんと30000mgを越えているではありませんか!

自分が見た成分表の中ではこれはトップかも。
長野の秋山郷の小赤沢温泉が今までのトップだったけど、それでも23000mg。
まさかその濃さを越える温泉が都内にあったとは思いませんでした。

入ってみると、熱めのお湯は茶褐色で、少し鉱物臭のような匂いがあります。
ぬるめだと黄金色で若干色が違うようです。
ただ、内湯の中はちょっと塩素の匂いが漂っているので今ひとつ。
こんな所がやっぱり田舎のきれいな空気とは違う所がちょっと残念でした。

露天風呂は普通のお湯みたいです。
なので内湯の温泉に浸かっては外に行って涼むのを繰り返しました。(^^;
源泉サウナも入ってみましたが、そんなに厳しい暑さではないので、結構いいかも。

意外に遠いので再訪するかは微妙ですけど、記憶に残る濃さの温泉でした。

« 小沢峠から黒山、岩茸石山 | トップページ | アカヤシオを見に家の串、田沢奥山 »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

さすが、「山と温泉の風blog」ですね。
温泉の成分数値まで覚えているなんてすごいです。
下山後は、ひたすら湯船につかることだけを考えている私は、湯船に入った瞬間の、「あ゛-、ごくらく、ごくらく♪」の感動しか覚えていません・・・。

chiyomiさん、こんにちは。

どうも自分は温泉に入ったら必ず成分表を見てみるクセが付いているようです。
結構見ていると面白いのですよ。
すぐ隣り合う施設でも、まったく別の泉質だったり、成分濃度が結構違ったり、
あちらは共同源泉だったのに、こちらは自家源泉だとか。
湧出量がごくわずかなのに、広大なお風呂すべてが源泉湯と書いてあったり...。

日帰り入浴のような1回入浴では、効果が出るとは思いませんけど、
やっぱり濃いお湯に入りたいです。(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大谷田温泉 明神の湯:

« 小沢峠から黒山、岩茸石山 | トップページ | アカヤシオを見に家の串、田沢奥山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ