« 大谷田温泉 明神の湯 | トップページ | 扇山入尾根から南尾根 »

アカヤシオを見に家の串、田沢奥山

8日は満開のアカヤシオを見てみたいと思い、群馬へ。

2011050801

久しぶりにわたらせ渓谷鉄道に乗ります。
茶色のディーゼル車が渋いですよね。

2011050802

もう下の方はヤマツツジが咲いておりました。

2011050803

小中駅で下車し、林道を延々と歩いていきます。素晴らしい新緑に目を奪われます。まだ八重咲きの桜がよく咲いていました。

2011050804

ミツバツツジもたくさん咲いています。

2011050805

林道終点。あんなに良かった青空が消されてしまい、代わりに黒い雲に覆われてしまいます。アカヤシオなんてまったく見掛けず、これはやっぱりだめかなと意気消沈気味でした。

2011050806

まだらな天気で急に晴れて明るくなったり曇ったりを繰り返しました。久しぶりにコガネネコノメソウを見ることができました。

2011050807

稜線に出て、鉄塔へ向かうと、向こうの山にはアカヤシオの群落が。
でも、この写真じゃ小さすぎて見えませんね。(^^;

2011050808

登っていくと、ようやくアカヤシオが咲いていました。でも、満開にはちょっと早い感じ。稜線はまだ少し風が冷たかったです。

2011050809

それなりには咲いていましたけどね。向こうは袈裟丸山だと思います。

2011050810

1215.6mのピークの向こうがかなりの密度。でも、あんな所には行けそうもありません。それでも遠くから見るだけで満足でした。

2011050811

こんな笹の中の小道がいい雰囲気です。

2011050812

田沢奥山に登ります。小さいけど、結構きつかったです。

2011050813

袈裟丸山はやっぱり大きいですね。

2011050814

下へ降りると天気が良いのが頭に来ますね。今は追付橋からの帰りのバスがなく、また延々と林道を歩いて小中駅へ。4時12分の電車に間に合いました。

« 大谷田温泉 明神の湯 | トップページ | 扇山入尾根から南尾根 »

登山(谷川・榛名・群馬)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん、こんばんは。
田沢奥山、行かれたんですね。日帰りとは、早い歩きですね~。
我が家はFYAMAでその存在を知ってから長い間憧れていて、ようやく訪れたのが、2006年春、超不作の年だったようで・・・。
リブルさんの可愛いアカヤシオの写真が羨ましい!
お花目当てで行くと、どうしても仕方のない部分ではありますけど。

我が家は8日、半月山を歩いていました。
足尾側の“とーくのしたのほー”にピンクが見えてましたが、稜線は皆無でした。
いつも焦って出かけてしまい、つぼみばかりを見て帰ってきます。
去年も早すぎて空振りでしたし。落ち着け~自分!

もりのふうさん、こんにちは。

アカヤシオにぴったりのタイミングを合わせるのはかなり難しいですよね。
ゴン太さんが行かれた後、自分も何度か計画したものの、やはりうまくタイミングが合わなさそうで出掛けられなかったのです。
が、先日の鳴虫山の蕾を見て、これなら1週間後ならと思っていたら、暖かくなるという予報だったので行ってみました。もっとスカッと晴れてくれるかと思ったのですが...。まあ満開とは言えなかったけど、それなりに咲いていてくれたので安心しました。

前にGWに半月山へ行ったとき、結構咲いていたことがありましたが、やっぱり今年はまだ早かったですか。
でも、もりのふうさんは、「花の島」に行かれたではありませんか。
と~っても羨ましいですよ~~~。(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アカヤシオを見に家の串、田沢奥山:

« 大谷田温泉 明神の湯 | トップページ | 扇山入尾根から南尾根 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ