« 琴平丘陵で靴が... | トップページ | 滝子山周辺のお花達 »

恵能野からアモウ沢乗越、滝子山へ

21日(土)は滝子山へ。

2011052101

久しぶりに大月駅で下車したら駅前が広くなっていました。ロータリーでもできるのかな。バス停はまだ前の通りでしたが、新しいバス停らしきものが作られているようです。
ハマイバ方面へのバスに乗り、遊仙橋で下車します。

2011052102

あまりはっきり目立ちはしませんが、藤の花が結構咲いていました。

2011052103

なんでこんな所にベニサラサドウダンが!民家の目の前にあるのでちょっとびっくり。植栽もあるのですね。

2011052104

奥の方に行くと神社があります。これからの山行の無事をお祈りしました。

2011052105

恵能野川に沿って遡っていきます。小滝もあるようです。

2011052106

山の神に辿り着きました。もう屋根が落ちて朽ちるのを待つ状態になっていました。

2011052107

踏み跡が分かり難く、途中迷いましたが、なんとか堰堤にたどり着きました。

2011052108

山に取り付きます。かなりの急な尾根で結構きついです。新緑がきれいでした。

2011052109

途中にはミツバツツジが多かったです。尾根は細く、岩場も多いし、なかなか時間が掛かりました。

2011052110

ようやく一般道に出て、滝子山に向かいます。笹子駅からの道が合流すると登山者が増えます。久しぶりの鎮西ヶ池。

2011052112

山頂からはぼんやりとしていたものの、富士がしっかり見えていました。

2011052113

オオカメノキも咲いていました。

2011052115

下りは初狩駅へ。新緑がきれいでした。写真だとなかなかあのきれいさは写せませんね。
後でしっかり筋肉痛になった下りでした。

« 琴平丘陵で靴が... | トップページ | 滝子山周辺のお花達 »

登山(大菩薩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恵能野からアモウ沢乗越、滝子山へ:

« 琴平丘陵で靴が... | トップページ | 滝子山周辺のお花達 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ