« 三室山の枝尾根、愛宕尾根 | トップページ | 柳沢峠から倉掛山、白沢峠 »

白沢川左岸尾根から景信山、高尾山

12日(日)は景信山へ。

2011061201

相模湖駅から千木良方面行きのバスに乗って底沢バス停で下車します。ここは以前に何回か小仏峠から下りてきたことがあります。

2011061202

小仏峠の分岐には照手姫のものがたりが書かれていて、しっかり読んでしまいました。この美女谷の生まれで、その美貌が地名の由来にもなったようです。

2011061203

林道を歩いていくと、林道脇にはユキノシタがたくさん咲いていました。

2011061204

地元の方が散歩していたので、取り付きにくい感じでしたが、丁寧に登り口を教えてくれてホッとしました。山に取り付き、送電鉄塔を過ぎてさらに登っていきます。巡視路でよく使われているようで藪もなく、登りやすい道でした。

2011061205

あっけなく縦走路に出て、景信山へ。頂上の三等三角点は角が欠けていますね。

2011061206

ボケッとしていて、そのまままっすぐ下ってしまって、気づいたのは小仏バス停か小下沢への分岐の道標があるところ。たくさん人が登ってきていたので、この道でよいと勝手に思いこんでいました。しょうがなく、登り返して30分のロス。久しぶりの道間違えでした。

2011061207

高尾へ向かうとエゴノキが咲いていました。

2011061208

たくさんの人のいる高尾山はちょっぴり休んだだけで下ります。久しぶりに六号路。セッコクが遠くの木に咲いていましたが、望遠レンズ最大でようやく写るぐらいでした。

高尾山口も人が多く、梅雨にしては人出が多い感じでした。

« 三室山の枝尾根、愛宕尾根 | トップページ | 柳沢峠から倉掛山、白沢峠 »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん、こんにちはー。
セッコク、見に行かれたのですね!
その存在をこの度初めて知りました。来年は見に行きたいと思います!
望遠レンズを忘れずに(^^♪

cyu2さん、こんにちは。

Hgさんに掲示板で開花を教えてもらったので、行ってみました。
結構注意していないと行けないのかと、上ばかり見て歩いてました。
意外な遠さでしたが、ホントよく咲いていました。
後で見たら、すべて望遠の写真ばかり。
全体像が分かるような写真を撮らなかったことに気づきました。

まあ、また来年にでも再訪してみましょうかね。
cyu2さんとすれ違ったりするかもしれませんし。(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白沢川左岸尾根から景信山、高尾山:

« 三室山の枝尾根、愛宕尾根 | トップページ | 柳沢峠から倉掛山、白沢峠 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ