« 塩山温泉 宏池荘 | トップページ | 金堀山北尾根から黒岳 »

白根不動尊 白糸の滝

まだ夏本番前なのにすでに夏バテ。
ということで3日(日)は山には行かず、横浜散歩に。

2011070301

初めて横浜駅から相鉄線に乗って、鶴ヶ峰という駅で下車します。
しばらく歩き、帷子川親水緑道という散歩道に入ります。
帷子川は住宅地などの中を流れるのであまりきれいな川とは言えませんが、この緑道脇には小川が流れ、自然の良い雰囲気が作られています。
駅を降りた時はかなり蒸し暑かったですけど、ほんのちょっぴりですけど気温が違う感じでした。

2011070303

国道を横切り、中堀川という川に沿って歩いていくと、白根不動尊がありました。
パイプから水の出ている行者の滝などがあり、その先に白糸の滝がありました。
横浜市最大の滝だそうです。
近くまで行けますので、行ってみたら、さすがにこの時期、ちょっと水に匂いが...。
夏の時期は遠くから見る方がいいみたいです。

2011070302

滝の脇にある急な道を登るとひっそりとした白根神社がありました。

通りを渡って白根公園の中を通り、上に登ってみましたが、浄水場が平成28年まで工事中らしく、トタン壁になっていて、丹沢の展望は見ることができませんでした。

往路を戻って駅で買ったかき氷が美味しい一日でした。

« 塩山温泉 宏池荘 | トップページ | 金堀山北尾根から黒岳 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白根不動尊 白糸の滝:

« 塩山温泉 宏池荘 | トップページ | 金堀山北尾根から黒岳 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ