« 影隠地蔵から仙女が池 | トップページ | 京浜運河 »

宮沢湖温泉 喜楽里 別邸

飯能へ向かって歩いていたら、大きな駐車場があり、宮沢湖温泉喜楽里別邸の表示がありました。こんな所へ来る機会は滅多にないし、せっかくなので立ち寄ってみることにしました。

2011072407

バスだと飯能駅からイーグルバスもしくは西武バスで宮沢湖バス停で降ります。バス停から歩いて数分の所にあります。最近できた施設のようでとてもきれいです。
料金は入浴のみだと1000円、岩盤浴などのセットだと1380円のようです。気が向いただけの立ち寄りなので、シンプルなコースを選択。タオルは持っていなかったのですが、貸しタオルがセットになっていたのでこれは嬉しかったです。

内湯は白湯と炭酸泉に別れています。炭酸泉は人工ですが、入っていると体に気泡がまとわりつきます。これが気持ちいいのでしばらく入っていました。

外へ出ると露天風呂があり、展望露天風呂になっています。下の方に宮沢湖の湖水が見え、なかなかいい感じ。その横が源泉風呂だったようですが、自分はただの露天風呂だと思って入りませんでした。あとで悔しがってももう遅かったです。

自分はわざわざここを目的として訪問することはないと思いますが、近くに行った時にちょっと立ち寄るにはいい施設だと思いました。

« 影隠地蔵から仙女が池 | トップページ | 京浜運河 »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮沢湖温泉 喜楽里 別邸:

« 影隠地蔵から仙女が池 | トップページ | 京浜運河 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ