« 宮沢湖温泉 喜楽里 別邸 | トップページ | 柳沢峠から大菩薩嶺 »

京浜運河

31日(日)は霧雨の降る一日。
早朝に地震があったので、山に出掛ける気を無くしました。結果オーライだったかも。
ということで、今週もウォーキングへ。

2011073101

京浜急行線新馬場駅を出て歩き出します。ちょっと間違った道に入ってしまったら、品川橋という橋がありました。ここは旧東海道らしいです。

2011073102

右往左往して駅近くまで戻ったりしましたが、なんのことはない、そのまま山手通りを歩けば新東海橋に出たのでした。クルーザーなどが係留されていて、やっぱり海が近いですね。

2011073103

ふれあい橋という所の横あたりからウッドウォークが続きます。運河を見ながら潮の香りを受けて歩くのもまた良い感じ。

2011073104

一時的に雨が強くなったりしたのであまり休めませんでしたが、天気のいい日なら、のんびり景色を見ながら休むのも良さそうですね。

2011073105

品川埠頭橋という大きな橋を渡って、東電の品川火力発電所の高い建物などを見ながら京浜運河沿いを歩いていきました。随分歩いて、ようやく中央海浜公園に入ります。海鳥を見るための観察舎があり、望遠鏡などで見ることができました。

2011073106

さらに歩けば、浅瀬があり、釣り客が結構いました。その先はバーベキューゾーン。たくさんの人達がバーベキューをやってました。

2011073107

公園から離れて新平和橋で運河とお別れ。もうこのあたりまで来ると海も近そうですね。

2011073108

平和の森公園へ。プールがあるようで音楽が聞こえていました。歩いていると蒸し暑いものの、ちょっと泳ぐには寒そうな気がしました。

この後はまた右往左往してしまい、それでもなんとか平和島駅に辿り着きました。

« 宮沢湖温泉 喜楽里 別邸 | トップページ | 柳沢峠から大菩薩嶺 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京浜運河:

« 宮沢湖温泉 喜楽里 別邸 | トップページ | 柳沢峠から大菩薩嶺 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ