« 身延温泉 | トップページ | 小さな旅 むさしの湯 »

下部温泉 下部温泉会館

せっかく遠くまで来たのですから、はしご湯、ということで身延から少し電車に乗って下部温泉へ。
以前にも入浴したことがありますが、久しぶりに下部温泉会館へ。
徒歩で7~8分でしょうか。川沿いにしばらく歩けば、あります。

2011080922

入浴料は400円だったかな?
受付をすると、貴重品袋とロッカーの鍵を貸してくれて、代わりに200円預けます。
これは、帰りに返すとお金を戻してくれます。

浴場はかなり狭いので、数人で一杯の浴槽。
下部温泉はどちらかというぬる湯ですが、ここのお湯は加熱しているのでもう少し温かいです。それでも、一般的な立ち寄り湯に比べたらぬるいお湯になっています。
単純温泉のお湯はちょっと循環臭がありますが、柔らかいお湯。
のんびりと川を見ながら入りました。

« 身延温泉 | トップページ | 小さな旅 むさしの湯 »

温泉(中部)」カテゴリの記事

コメント

ここは昨年3月に行きました。

適度に空いていて、富士市から来たという年配の方と話しながら長湯しました。

次回は18切符で来てビール飲んじゃおうかな~

のぞむさん、こんにちは。

地元の人も入っていますが、他から入りに来る人も多いですね。
自分が入った時も地元の方が出るところで、その後には、他から来た人が入ってきました。

自分はどちらかというと日帰り温泉などでは飲まない方なのですが、
気持ちは分かります。やっぱり風呂上がりのビールは最高ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下部温泉 下部温泉会館:

« 身延温泉 | トップページ | 小さな旅 むさしの湯 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ