« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

セイメイバンから岩殿山へ

24日(日)はセイメイバンへ。

2011092501

猿橋駅から8:10発の浅川行きバスに乗り、奈良子入口バス停で下車します。その後の奈良子行きのバスでも良かったかも。

2011092502

前日は山梨は結構雨が降ったのか、川が増水して濁っていました。しばらく歩いて林入口バス停から林集落に入ります。途中にある十王堂は大月市では現存するのはここだけという貴重なもののようです。人が死ぬと10回、10王から裁きを受け、生前に善行したものは極楽へ、悪事を働いたものは地獄へ送られる、ということで裁きの日にこのお堂の前でお経を唱えて死者の回向をした、という所だそうです。

2011092503

山に取り付きます。民家の先から取り付きました。思ったほどには蜘蛛の巣攻撃もなく、意外に歩きやすい尾根でした。しかも先日までとうって変わって涼しかったので気持ちよく登っていきました。

2011092504

2時間ほどでセイメイバンの山頂。樹林の中で眺めはありません。山を始めた頃に買った登山地図に「この山域は熟達者向け」と書かれていて、自分が行くことはまずないだろうと思っていたのに、こうして登ったのですから、感慨深いものがありました。

2011092505

いくつも鉄塔を過ぎて下っていくと、小さな祠がありました。

2011092506

すぐに桜沢峠に着きます。金山民宿への道が右に分岐していました。

2011092507

単なるコブの高ノ丸を過ぎ、下って葛籠峠を過ぎます。少し急な登り返しをしばらく登れば富士山景勝地がありました。残念ながら富士は雲の向こうでした。

2011092508

鉄塔から急降下して登り返すと笹平。三角点は藪に埋もれて見えませんでした。

2011092509

藪っぽい道を下っていくと、一般道に出ました。右へわずかに行くと、稚児落とし。
やっぱり身を乗り出すとちょっと怖いですね。

2011092510

岩殿山へは兜岩のあたりで林間コースと岩場コースを選択できますが、せっかくなので岩場コースを選択。久しぶりに鎖場の下りで登ってくる人も多く、大変でした。

2011092511

標高がだいぶ低いので暑いです。やっぱり9月ですね。築坂峠から登り返しは汗だくでした。

2011092512

大月駅からの道と合流し、コンクリートの階段を登ると、ようやく山頂に着きました。

2011092513

山頂からは大月市街とその向こうの山がよく見えました。下の川はやっぱりまだ濁っていました。大月駅まで歩きました。

結構アップダウンが多いので、次の日はしっかり筋肉痛でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅間尾根を末端まで

18日(日)は久しぶりに奥多摩へ。

7時のバスに乗って、笹平で下車します。

2011091801

他に二人ほど下車して、一人は地元の方のようでしたが、もう一人は登山のようです。
どこへ行くのかなと思ったら、小坂志林道の方へ歩いていったようです。ヨメトリ坂に向かうのかな。

2011091802

山に取り付くと、檜原村の道標があってびっくり。整備する気があったのかな。さすがに蒸し暑いのと蜘蛛の巣攻撃がさかんで、枝を降りながら登っていきました。

2011091803

カシワバハグマがちょこちょこと咲いていました。

2011091804

藪のかぶる道を歩いていきます。

2011091806

2時間ほどかかって松生山に到着。ここへ来るのは初めてでした。

2011091805

富士が素晴らしく見えていました。

2011091807

三角点もしっかりあります。基準点名は松倍だそうです。

2011091808

しばらく笹藪の中を頑張って、下っていくと一般道の分岐に出ます。しばらく登れば浅間嶺展望台に出ます。ここからも富士が見えていました。

2011091809

人里峠を過ぎて、さらに行くと一本松。せっかくなので山頂に立ち寄ってみました。ここにも三角点があります。

2011091810

山名板も付いていました。

2011091811

浅間尾根は石仏が多いですね。この石仏(馬頭観音?)も健在です。

2011091812

仲の平分岐から先は、初めての道。疲れてきましたが、頑張って登っていくと御林山に着きます。「おはやしやま」と呼ぶようで、この地区一帯が昔の官林なので呼ばれたものと宮内氏の「奥多摩」に書いてありました。

2011091813

まだヤマジノホトトギスをいくつか見掛けました。

2011091814

ようやく周遊道路に出ます。

2011091815

少し歩いてから道標で取り付きます。かなりの急登があり、その先は緩やかになります。頑張って歩いていくとようやくこの道標に辿り着きます。風張峠と鞘口峠の間です。ここで浅間尾根は終わりです。実に笹平から6時間近い時間が経過していました。

2011091816

鞘口峠方面に向かいますが、登りはそれで終わりではなく、しばらく続きました。結構しんどいですね。ようやく分岐があり、戻るようにして里山の道に入ります。すぐに右へそれてしまいますが、ピークまでわずかな距離なので行ってみると「砥山」の山頂でした。

2011091817

里山の道を下っていくと、セキヤノアキチョウジが咲いていました。

2011091818

ようやく着いた都民の森。バスは行ってしまった後で、1時間待ち。その上に檜原街道が渋滞して駅まで2時間近くかかりました。

充実した歩きの一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひな詩の湯

四阿山の帰りはひな詩の湯へ。

菅平高原行きのバスを西洋旅籠館前バス停で下車すれば目の前です。
ホテルに併設されているので、奥になります。

2011091117

入浴料は650円と比較的安価です。券売機で買って受付で渡します。

お湯はアルカリ単純泉ということでした。
内湯と露天風呂があります。
入ってみると、ちょっと塩素臭が強く、今ひとつな感じでしたが、湯上がりは意外にしっとりした感じがあって、せっかくのお湯が惜しい気がしました。
まあ、人の多い施設ではお湯が汚れているよりはましなので、仕方がないのかもしれませんね。

汗を流せてさっぱりして、上田駅に向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四阿山、根子岳周辺のお花達

やはりお花はそれなりに咲いていました。

2011091121 ツリガネニンジン

2011091122 アキノキリンソウ

2011091123 ヤマハハコ

2011091124 オヤマリンドウ

2011091125 ウスユキソウ

2011091126 オヤマボクチ

2011091127 ウメバチソウも咲いていましたが、これしか見掛けませんでした。

2011091128 セリ科のお花だと思いますが同定できませんでした。背が低く、イブキボウフウとかかなぁ。

2011091129 マツムシソウ

2011091130 ダイモンジソウ。これは湿っぽい岩場に咲いていました。

2011091131 番外編でアザミに止まるアサギマダラ。残念ながら標準レンズなのでこんな大きさしか取れませんでした。

他にもフウロソウなどを見掛けました。秋でもこんなに咲くのですから、初夏くらいにも登ってみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四阿山から根子岳

10日~11日は久しぶりに友人と二人で四阿山へ。

2011091101

10日は久しぶりに高速バスを使って上田へ。やっぱり渋滞したので、上田に遅れて到着しました。バスを乗り換えて菅平高原ダボスに着きます。4時頃でもう少し肌寒いくらいです。
バス停から送迎してもらって、今回の泊まりは「プチホテル リスの森」。
気さくな感じのオーナーご夫妻で、気持ちよく泊まれました。洋風の食事も美味しかったです。
6時から食事を用意できるということでしたが、あんまり早く出発すると帰りのバスの時間まで余ってしまうので6時30分にしてもらい、7時に出発しました。

2011091102

牧場入口まで車で送ってもらって出発します。今日はほとんどくもりの予報でしたが、予想外に天気が良いです。でも、四阿山付近はやっぱり雲に覆われていました。

2011091103

ウシさんを見ながらしばらくのんびり歩きます。

2011091104

小四阿に着きますが、その先はガスの中のようです。先が思いやられます。

2011091118

やっぱり中四阿付近はガスの中で、地形的なものか、右から風が強く吹き付けて寒くなりました。

2011091105

ちらりとガスが切れると、根子岳などがよく見えました。青空はやっぱりいいものですね。これもあっという間にガスの中に消えました。

2011091106

樹林の中のちょっときつい登りをしばらく頑張るとお花畑に出ます。オヤマリンドウやセリ科のお花が咲いておりました。

2011091107

帰りの根子岳方面への分岐を過ぎてようやく山頂付近へ。山頂手前には祠が祭られていました。

2011091108

ようやく着いた山頂もガスの中。何も見えない山頂で、三角点を往復する気にもなれませんでした。

2011091109

根子岳へ向かうと、かなり歩きにくい下りになります。登ってくる人にたくさん会いました。やはり根子岳から四阿山に向かう人が多いようですが、こんな天気の日は逆コースの方が良かったようです。こちらから見る根子岳は森林限界を超えているのか、とても日本の山とは思えず、まるで絵画のようでした。

2011091110

反対をと見れば、こんな感じでずっと四阿山はガスの中でした。

2011091111

最高の青空の中、根子岳に向かいます。

2011091112

途中は笹の雰囲気が良かったです。

2011091119

根子岳山頂に着きました。しっかりと祠がありました。

2011091113

遠望は効かなかったものの、広い景色を楽しむことができました。

2011091114

根子岳は人気の山。団体さんも含めて、たくさんの人達が登ってきていました。
だいぶ下っていきました。眺める牧場はかなり広いようでした。

2011091115

ようやく出発地点に戻ってきました。牧場の売店でソフトクリームを買います。ちょっと甘いですけど、濃厚な感じで美味しかったです。

2011091116

宿に連絡しても良かったのですが、そのままバス停まで歩いて下りました。
車道歩きが結構長かったです。

ちなみに入山料が1人200円かかります。宿で払いましたが、車だと途中の牧場入口で支払うことになるようです。

四阿山は深田久弥氏の「日本百名山」に、根子岳は田中澄江さんの「花の百名山」に入っています。今回の歩きではやはり天気の良かった根子岳が印象的でした。「花の百名山」ではウメバチソウの山として書かれていましたが、自分の今回の歩きではオヤマリンドウの山として記憶されるようです。

どちらにしてものんびりとした良い山でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊香保温泉 黄金の湯

先日、伊香保温泉へ。

大地震以来、久しぶりに行きましたけど、伊香保露天風呂は今までと特に変わったところはなく、料金もそのままでした。→以前のレポはこちら

2011090501

せっかくなので、久しぶりに新しい施設に行こうと見晴下まで歩いて下りました。
伊香保グランドホテルに併設されているのが、黄金の湯です。

入浴料は680円とこの手の施設にしては意外に安い感じ。
温泉は内湯のみで、もう一つの大きな内湯と露天風呂は白湯でした。
黄金色、というよりはお風呂の色もあるのか深緑っぽい感じに見えました。
でもお湯に入ると、薄い黄金色をしていました。

やはり人が多いことを見込んでか、かなり熱めに設定されています。
さっき入ったばかりの露天風呂のお湯とつい比較してしまいますけど、
まあ、温泉の質を云々というよりは、さっと一浴、という使い方がいいのでしょうね。
それでも、たっぷりとお湯が掛け流しにされていて、お湯自体はきれいですので決して悪くはありません。外に行って体を冷まして、また内湯に入る、という事を繰り返しました。

特に車の人は駐車場も大きいので、使いやすいでしょう。
脱衣場には冷たい水も置かれていてなかなかいいサービスです。
気軽に入れる温泉施設でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士山中腹付近のお花達

宝永山から御殿場五合目に向かうと、やはりお花はそれなりに咲いていました。

2011082821 アキノキリンソウ。これを見ると、やはり晩夏以降ですね。

2011082822 トウヒレンはやっぱり見分けが付きません。ヤハズヒゴタイとかかなぁ。

2011082823オンタデでしょうか。かなりの群落で咲いていました。

2011082824オンタデの雌株の方でしょうか。こちらもかなりの群落です。

2011082825 フジイタドリでしょう。薄いものもありましたが、これは見た中で一番濃いものでした。お初でした。

2011082827 本場富士山のフジアザミはやっぱりでかい!写真だとあんまり大きくないかもしれませんが、実際に見ると手の握ったこぶし大くらいのものもありましたよ。

この時期でも結構見ることができて楽しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »