« ひな詩の湯 | トップページ | セイメイバンから岩殿山へ »

浅間尾根を末端まで

18日(日)は久しぶりに奥多摩へ。

7時のバスに乗って、笹平で下車します。

2011091801

他に二人ほど下車して、一人は地元の方のようでしたが、もう一人は登山のようです。
どこへ行くのかなと思ったら、小坂志林道の方へ歩いていったようです。ヨメトリ坂に向かうのかな。

2011091802

山に取り付くと、檜原村の道標があってびっくり。整備する気があったのかな。さすがに蒸し暑いのと蜘蛛の巣攻撃がさかんで、枝を降りながら登っていきました。

2011091803

カシワバハグマがちょこちょこと咲いていました。

2011091804

藪のかぶる道を歩いていきます。

2011091806

2時間ほどかかって松生山に到着。ここへ来るのは初めてでした。

2011091805

富士が素晴らしく見えていました。

2011091807

三角点もしっかりあります。基準点名は松倍だそうです。

2011091808

しばらく笹藪の中を頑張って、下っていくと一般道の分岐に出ます。しばらく登れば浅間嶺展望台に出ます。ここからも富士が見えていました。

2011091809

人里峠を過ぎて、さらに行くと一本松。せっかくなので山頂に立ち寄ってみました。ここにも三角点があります。

2011091810

山名板も付いていました。

2011091811

浅間尾根は石仏が多いですね。この石仏(馬頭観音?)も健在です。

2011091812

仲の平分岐から先は、初めての道。疲れてきましたが、頑張って登っていくと御林山に着きます。「おはやしやま」と呼ぶようで、この地区一帯が昔の官林なので呼ばれたものと宮内氏の「奥多摩」に書いてありました。

2011091813

まだヤマジノホトトギスをいくつか見掛けました。

2011091814

ようやく周遊道路に出ます。

2011091815

少し歩いてから道標で取り付きます。かなりの急登があり、その先は緩やかになります。頑張って歩いていくとようやくこの道標に辿り着きます。風張峠と鞘口峠の間です。ここで浅間尾根は終わりです。実に笹平から6時間近い時間が経過していました。

2011091816

鞘口峠方面に向かいますが、登りはそれで終わりではなく、しばらく続きました。結構しんどいですね。ようやく分岐があり、戻るようにして里山の道に入ります。すぐに右へそれてしまいますが、ピークまでわずかな距離なので行ってみると「砥山」の山頂でした。

2011091817

里山の道を下っていくと、セキヤノアキチョウジが咲いていました。

2011091818

ようやく着いた都民の森。バスは行ってしまった後で、1時間待ち。その上に檜原街道が渋滞して駅まで2時間近くかかりました。

充実した歩きの一日でした。

« ひな詩の湯 | トップページ | セイメイバンから岩殿山へ »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浅間尾根を末端まで:

« ひな詩の湯 | トップページ | セイメイバンから岩殿山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ