« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

桐生 観音山

今週も似たような天気になりましたけど、先週は桐生の里山へ。観音山というわずか290mの超低山。地元や近くの方以外でこんな山を知っていたら、あなたはかなりマニアックな人だと思います。(^^;

2011101601

朝はどんよりとした曇りだったのに、桐生駅で下車した時には素晴らしい天気。すでに11時になっていましたが、里山なので大丈夫。

2011101602

桐生川を幸橋で渡ります。正面わずか左に見える小さな山が観音山です。

2011101603

小学校の先を曲がって泉龍院に着きます。まずはこの寺院にお参りし、駐車場横の道路をしばらく下ると登山口です。

2011101609

10月だというのに夏みたいな暑さ。汗をかきながら登っていくと、中尾根三角点に着きました。そこには寝釈迦があって、やはりこちらの山ですね。

2011101604

三等三角点は角が欠けていました。

2011101605

下って登って観音山。わずかに下った所から少し眺めがあるくらいでした。

2011101606

道というよりは踏み跡に近い感じですが、下っていくとかなり藪っぽい所に出て、そこが雷電山でした。

2011101607

少し岩っぽい所もあって下りはウォーキングシューズではちと辛かったですが、やがて道標があって右に入って少し登るとガッチン山でした。若干木が邪魔するものの、桐生の町並みを眺めることができました。

2011101608

道標まで戻れば良かったのですが、そのまま踏み跡を辿ったら、かなり怪しい道に引き込まれてしまいました。適当にその踏み跡を追っていくと、なんとか使われていない農地のような所に出て、桐生川近くの坂道に出ることができて一安心でした。

桐生駅に戻って、2時間30分ほどのごく軽い里山歩きでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長沼公園から高幡不動

健康診断を受けたら、雨のせいで夏にあまり山に行かなかったせいか、3Kgも太ってしまったようなので、頑張って元に戻さなくてはなりません。
ということで、だいぶ時間が経ってしまいましたが、連休最後の日も「だって楽しい山歩き」という本に掲載されていた旧野猿峠ハイキングコースへ行きました。

2011101001

長沼駅から歩き出して本当は西尾根を登りたかったのですが、数年前から通行止め。今も通行止めでした。ということで霧降の道を登り、途中から中尾根に。尾根というと本格的な山登りみたいなイメージですけど、公園ですのでそんなにすごい登りではなく、頂上園地に着きます。

2011101002

野猿峠口へ行きます。切り開きが好ましい感じでした。

2011101003

戻って平山口から階段を降ります。左へ行くのですが、途中で曲がってしまい、研究所か何かの入口を入ってしまいました。出てきた人にここは通れないと言われて戻り、住宅地をぐるっと大回りしてようやく平山城址公園に着きましたが、着いたのは中央口。大回りしすぎたようです。六国台に戻る道は昔の野猿峠コースの名残りのようで、いい雰囲気でした。
六国台には半円形の石に展望図が書かれていますが、木などが邪魔してほとんど眺めはありませんでした。

2011101004

公園内を散歩してから下り、旧平山台小学校を見て、閉園になってしまった多摩テックの裏手を通ります。少し道路を歩いて、かたらいの道に入ります。

2011101005

七生公園の頂上は木々に囲まれ、何も見えない場所でした。

2011101006

かたらいの道を歩いていきます。右は多摩動物公園ですが、動物の声、といってもホモサピエンスという動物の声が一番うるさかったです。(^^;

2011101007

だいぶ歩いて住宅街の眺めのある場所を通ります。

2011101008

住宅街に出て、しばらく歩き、ようやく高幡不動尊の敷地内に入りますが、石仏が点々と置かれています。夕方になってしまったので、ちょっとだけ怖い雰囲気です。

2011101009

高幡不動で最後にお参りし、高幡不動駅に出ました。
約3時間半でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飯綱山

9日は飯綱山へ。

宿を早朝に出て、中社から一番のバスに乗ります。

2011100921

飯綱登山口で下車して、しばらく歩くと、登山口がありました。

2011100922

比較的緩やかですが、樹林の中の長い登りが続きます。たまに石仏を見掛けます。ひたすら下を見ながら歩いて、ようやく駒つなぎの場に着きました。ここも樹林の中でした。

2011100923

ノコンギクでしょうか。

2011100924

少し紅葉した木もありましたが、やっぱりちょっと早い感じでした。

2011100925

やがて眺めのいい所に出ると、北アルプス連嶺を眺めることができました。

2011100926

分岐も過ぎて祠があります。これが飯綱神社かと思ったらそうではありませんでした。

2011100928

偽ピークのわずか下に飯綱神社があります。長野市街の眺めがありますが、霞んでいて写真には撮れない状態でした。山頂へは後わずかです。

2011100929

そしてちょっと広い飯綱山頂に到着。

2011100931

山頂からの眺めは素晴らしいの一言。これは高妻山。

2011100932

白馬岳方面。

2011100933

槍ヶ岳も見ることができました。

2011100934

下りは少し戻って、分岐から中社に下ります。

2011100935

萱の宮でしょうか。

2011100936

久しぶりに戸隠神告げ温泉湯行館へ。温泉に浸かってさっぱりし、美味しいお蕎麦を食べて満足。山と展望と温泉と蕎麦の4つを満喫できた素晴らしい山歩きでした。

以前の戸隠神告げ温泉湯行館のレポ

戸隠神告げ温泉のページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒姫山

8日は久しぶりに遠出の山ということで、戸隠へ。

2011100901

朝一番の長野新幹線で長野へ。信越本線に乗り換えて、黒姫駅で下車します。黒姫高原まではバスもありますが、この電車には接続していないのでタクシーに乗ります。駅にあった案内板では2300円と書かれていましたが、年配の運転手の方がきっちりゲートの所で止めてくれて2200円で着きました。目の前にどーんと黒姫山があります。手前はコスモス園になっていてコスモスが咲いていました。歩き始めは9時でした。

2011100902

スキー場の中を登っていきます。しばらく登ってリフト横を少し行くと眺めの良い所があり、野尻湖や斑尾山を見ることができました。リフトも動いていて、観光客も登ってきていました。

2011100903

淡々と頑張って登っていきます。ちょっと赤い木もありました。

2011100904

リンドウが咲いていました。

2011100905

やはりブナの大木があるところが、北信の山ですね。

2011100907

かなり登った所に姫見台。ケルンがあるだけの場所でした。

2011100909

岩のごろごろした道を歩いていくと、越見尾根に出ました。ここからは急登です。いつの間にか雲が出て日が隠れてしまいました。

2011100910

黒姫乗越は少し寒い風が吹いていました。

2011100911

直接山頂に行っても良かったのですが、帰りに七つ池に降りて西登山道を歩くのは遠すぎると思い、先に七つ池に寄ることにしました。とても静かな池塘でした。

2011100912

峰の大池も静かな場所でした。

2011100913

谷状の地形の中を登っていき、分岐から登ります。岩っぽい所を登ると山頂に着きました。山名板もなく、祠があるだけの山頂で好ましい感じでした。しかし、すでに1時を回っていました。

2011100914

黒い雲も来てガスでお隣の飯綱山でさえ霞んでいるような感じになってしまって、もう眺めはあまり楽しめる状態ではありませんでした。

2011100915

しらたま平からさらに下っていきます。ぐんぐん下っていくと、ちょっと平な感じの所に出ます。自然林が美しいですね。

2011100916

だいぶ下って新道分岐に着きました。

2011100917

泊まりなので、あまり急ぐ必要もありません。せっかくなのであまり人のいかなさそうな古池に行ってみることにしました。予想通り、古池付近は誰にも会わず、静かな池でした。

2011100918

戸隠キャンプ場バス停に着いたのはもう4時過ぎでした。
この日は戸隠の宿に泊まりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨメトリ坂から市道山、陣馬山へ

先日、笹平で下車して松生山に行きましたが、ふと、そう言えばヨメトリ坂を歩いていないなと思いました。ということで、2日は歩きに行きました。(一般登山道です。)

2011100201

数馬行きの増発バスに乗ったのですが、運転手がこの路線にあまり慣れていないのか、案内なしに笹平を通過しそうになったので、ボタンを押したら、なんとか少し先で止まってくれました。小坂志川を目指します。秋川を渡りますが、先日の台風でゴミが流されたのか、清流という感じでした。

2011100202

林道脇にはツリフネソウが咲いていました。

2011100203

キバナアキギリも咲いています。

2011100204

しばらく歩いた所の道標で登山道に入ります。

2011100205

すぐに小坂志川の橋を渡って山に取り付きます。急な所が何カ所かありましたが、淡々と登っていける道でした。

2011100206

笹の生える道を登っていきます。樹林の中であまり眺めはありません。

2011100207

道標があり、臼杵山への道と合流すれば、市道山へはもう少しでした。

2011100208

ちょこっと岩っぽい所を通ると山頂に着きました。

2011100209

前は樹林の中で眺めのない山頂でしたが、いつの間にか木が切られて眺めのある山頂に変わっていました。これも時代の流れなのでしょうか。

2011100210

醍醐山に向かいます。静かな歩きを期待、していたのですが、後からランナーさんがたくさんやってくるので、あまりのんびりと歩ける感じではありませんでした。そういえば、日本山岳耐久レースは今月なので、試走ですね。

2011100211

シモバシラの花をときどき見掛けました。

2011100212

醍醐丸の山頂。前よりも木が育って、眺めが悪くなっていました。団体さんがいたので、わずかに進んだ所でお昼にしました。

2011100213

和田峠に出て、久しぶりに階段登り。いつもながらきついです。ようやく着いた山頂は朝の天気が今ひとつだったせいか、人出もそれほど多くはなく、ベンチも楽に座れました。ススキがたなびいて、もう秋が近いですね。

2011100214

今回は陣馬高原下へ向かいます。途中にはシロヨメナが咲いていました。

2011100215

もう新コースもすっかり踏まれて、完全に登山道になりました。ただし、倒木があったり、ちょっとだけ急降下で歩きにくい所があります。

2011100216

バス停に着くと、すでにバスがいましたが、一時間に一本の運行なので、車内でだいぶ待たされました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広瀬神社

先日25日は武蔵野散歩へ。

2011092501

入間市駅から歩き出し、霞川を渡り、さらに歩いて入間川を豊水橋で渡ります。向こうには奥武蔵の山々を見ることができました。

2011092502

サイクリングロードをしばらく歩き、左に曲がって少しいくと、田んぼの中にポツンと神社がありました。豊作を祈ったのでしょうか。

2011092503

5万図川越を見ながら神社記号を探します。広瀬神社が見あたらず、上広瀬の文字の近くの神社に行ってみました。登る所があり、一合目から順に合目表示があります。もしかしてこれは...。

2011092504

石碑があり、やはりこれは富士講の富士山でした。想定外でしたので、意表を突いた収穫でした。ちなみに広瀬浅間神社だそうです。

2011092506

5万図だと細かい道が端折って書かれていますので、推理しながら歩いてようやく着きました。新編武蔵風土記稿にも乗っている由緒ある神社です。

2011092505

広瀬神社には大きなケヤキの木が2本あります。樹齢800年だそうです。さすがに大きな木でした。神木ですね。

2011092507

鯉ヶ久保の池を目指したのですが、残念ながらゴルフコースに阻まれました。
裏手には用水を利用した農地が広がっていました。

この後は、のんびりと飯能駅まで歩きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »