« 広瀬神社 | トップページ | 黒姫山 »

ヨメトリ坂から市道山、陣馬山へ

先日、笹平で下車して松生山に行きましたが、ふと、そう言えばヨメトリ坂を歩いていないなと思いました。ということで、2日は歩きに行きました。(一般登山道です。)

2011100201

数馬行きの増発バスに乗ったのですが、運転手がこの路線にあまり慣れていないのか、案内なしに笹平を通過しそうになったので、ボタンを押したら、なんとか少し先で止まってくれました。小坂志川を目指します。秋川を渡りますが、先日の台風でゴミが流されたのか、清流という感じでした。

2011100202

林道脇にはツリフネソウが咲いていました。

2011100203

キバナアキギリも咲いています。

2011100204

しばらく歩いた所の道標で登山道に入ります。

2011100205

すぐに小坂志川の橋を渡って山に取り付きます。急な所が何カ所かありましたが、淡々と登っていける道でした。

2011100206

笹の生える道を登っていきます。樹林の中であまり眺めはありません。

2011100207

道標があり、臼杵山への道と合流すれば、市道山へはもう少しでした。

2011100208

ちょこっと岩っぽい所を通ると山頂に着きました。

2011100209

前は樹林の中で眺めのない山頂でしたが、いつの間にか木が切られて眺めのある山頂に変わっていました。これも時代の流れなのでしょうか。

2011100210

醍醐山に向かいます。静かな歩きを期待、していたのですが、後からランナーさんがたくさんやってくるので、あまりのんびりと歩ける感じではありませんでした。そういえば、日本山岳耐久レースは今月なので、試走ですね。

2011100211

シモバシラの花をときどき見掛けました。

2011100212

醍醐丸の山頂。前よりも木が育って、眺めが悪くなっていました。団体さんがいたので、わずかに進んだ所でお昼にしました。

2011100213

和田峠に出て、久しぶりに階段登り。いつもながらきついです。ようやく着いた山頂は朝の天気が今ひとつだったせいか、人出もそれほど多くはなく、ベンチも楽に座れました。ススキがたなびいて、もう秋が近いですね。

2011100214

今回は陣馬高原下へ向かいます。途中にはシロヨメナが咲いていました。

2011100215

もう新コースもすっかり踏まれて、完全に登山道になりました。ただし、倒木があったり、ちょっとだけ急降下で歩きにくい所があります。

2011100216

バス停に着くと、すでにバスがいましたが、一時間に一本の運行なので、車内でだいぶ待たされました。

« 広瀬神社 | トップページ | 黒姫山 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヨメトリ坂から市道山、陣馬山へ:

« 広瀬神社 | トップページ | 黒姫山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ