« 長沼公園から高幡不動 | トップページ | 小菅からノーメダワ、丹波 »

桐生 観音山

今週も似たような天気になりましたけど、先週は桐生の里山へ。観音山というわずか290mの超低山。地元や近くの方以外でこんな山を知っていたら、あなたはかなりマニアックな人だと思います。(^^;

2011101601

朝はどんよりとした曇りだったのに、桐生駅で下車した時には素晴らしい天気。すでに11時になっていましたが、里山なので大丈夫。

2011101602

桐生川を幸橋で渡ります。正面わずか左に見える小さな山が観音山です。

2011101603

小学校の先を曲がって泉龍院に着きます。まずはこの寺院にお参りし、駐車場横の道路をしばらく下ると登山口です。

2011101609

10月だというのに夏みたいな暑さ。汗をかきながら登っていくと、中尾根三角点に着きました。そこには寝釈迦があって、やはりこちらの山ですね。

2011101604

三等三角点は角が欠けていました。

2011101605

下って登って観音山。わずかに下った所から少し眺めがあるくらいでした。

2011101606

道というよりは踏み跡に近い感じですが、下っていくとかなり藪っぽい所に出て、そこが雷電山でした。

2011101607

少し岩っぽい所もあって下りはウォーキングシューズではちと辛かったですが、やがて道標があって右に入って少し登るとガッチン山でした。若干木が邪魔するものの、桐生の町並みを眺めることができました。

2011101608

道標まで戻れば良かったのですが、そのまま踏み跡を辿ったら、かなり怪しい道に引き込まれてしまいました。適当にその踏み跡を追っていくと、なんとか使われていない農地のような所に出て、桐生川近くの坂道に出ることができて一安心でした。

桐生駅に戻って、2時間30分ほどのごく軽い里山歩きでした。

« 長沼公園から高幡不動 | トップページ | 小菅からノーメダワ、丹波 »

登山(谷川・榛名・群馬)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桐生 観音山:

« 長沼公園から高幡不動 | トップページ | 小菅からノーメダワ、丹波 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ