« ヨメトリ坂から市道山、陣馬山へ | トップページ | 飯綱山 »

黒姫山

8日は久しぶりに遠出の山ということで、戸隠へ。

2011100901

朝一番の長野新幹線で長野へ。信越本線に乗り換えて、黒姫駅で下車します。黒姫高原まではバスもありますが、この電車には接続していないのでタクシーに乗ります。駅にあった案内板では2300円と書かれていましたが、年配の運転手の方がきっちりゲートの所で止めてくれて2200円で着きました。目の前にどーんと黒姫山があります。手前はコスモス園になっていてコスモスが咲いていました。歩き始めは9時でした。

2011100902

スキー場の中を登っていきます。しばらく登ってリフト横を少し行くと眺めの良い所があり、野尻湖や斑尾山を見ることができました。リフトも動いていて、観光客も登ってきていました。

2011100903

淡々と頑張って登っていきます。ちょっと赤い木もありました。

2011100904

リンドウが咲いていました。

2011100905

やはりブナの大木があるところが、北信の山ですね。

2011100907

かなり登った所に姫見台。ケルンがあるだけの場所でした。

2011100909

岩のごろごろした道を歩いていくと、越見尾根に出ました。ここからは急登です。いつの間にか雲が出て日が隠れてしまいました。

2011100910

黒姫乗越は少し寒い風が吹いていました。

2011100911

直接山頂に行っても良かったのですが、帰りに七つ池に降りて西登山道を歩くのは遠すぎると思い、先に七つ池に寄ることにしました。とても静かな池塘でした。

2011100912

峰の大池も静かな場所でした。

2011100913

谷状の地形の中を登っていき、分岐から登ります。岩っぽい所を登ると山頂に着きました。山名板もなく、祠があるだけの山頂で好ましい感じでした。しかし、すでに1時を回っていました。

2011100914

黒い雲も来てガスでお隣の飯綱山でさえ霞んでいるような感じになってしまって、もう眺めはあまり楽しめる状態ではありませんでした。

2011100915

しらたま平からさらに下っていきます。ぐんぐん下っていくと、ちょっと平な感じの所に出ます。自然林が美しいですね。

2011100916

だいぶ下って新道分岐に着きました。

2011100917

泊まりなので、あまり急ぐ必要もありません。せっかくなのであまり人のいかなさそうな古池に行ってみることにしました。予想通り、古池付近は誰にも会わず、静かな池でした。

2011100918

戸隠キャンプ場バス停に着いたのはもう4時過ぎでした。
この日は戸隠の宿に泊まりました。

« ヨメトリ坂から市道山、陣馬山へ | トップページ | 飯綱山 »

登山(戸隠・妙高)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒姫山:

« ヨメトリ坂から市道山、陣馬山へ | トップページ | 飯綱山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ