« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

道坂隧道から御正体山、文台山へ

26日(土)は御正体山へ。

2011112601

道坂隧道行きのバスに乗って終点で下車して歩き始めます。旧トンネルの手前に登山口がありました。

2011112602

しばらく登っていくと四等三角点がありました。

2011112603

緩やかな尾根がいい感じです。

2011112604

左側は眺めが楽しめます。でもいい天気だと思ったら結構丹沢方面は雲が多い感じ。左奥は大室山、中央奥は丹沢主稜の山々でしょうね。

2011112605

岩下の丸にはひっそりと三角点がありました。

2011112606

お花なんかあるとは思っていなかったのですが、なんとヤマホタルブクロが咲いているではありませんか。こないだの陽気で季節を間違えたのかな。それともずっと咲かなかったのか、謎ですね。

2011112607

中央線の向こうはあんなに晴れているのに残念です...。

2011112608

笹の生えた道を登っていきます。

2011112609

白井平からの道が合流すると、かなりきつい登り。それでも淡々と登っていってなんとか山頂に着きました。

2011112610

一等三角点が大きいですね。

2011112611

峰宮跡には小さな祠がありました。

2011112612

こんな大きなブナがある所がやはり御正体山の良い所ですね。

2011112613

鹿留林道への分岐のあたりにはベンチがあり、南アルプスや御坂山塊を見ることができました。この先は枝藪の道が続きます。

2011112614

キレット付近。かなり高度感がありました。しかし、この先の小さなピークへの登りはかなり厳しく岩を掴んでよじ登ったりするので、滑落などを起こさないようにかなり慎重に登りました。

2011112615

登っていくと、ハガケ山に着きました。

2011112616

笹藪が深くなります。途中で道を外してしまい、笹と格闘した所もありました。

2011112617

ようやく笹がなくなり、あまり踏み跡のない気持ちのいい尾根道になりました。

2011112618

さらに歩くと登山道に出ました。左に登っていくと、ようやく文台山。静かなピークでした。

2011112619

戻って登山道を下ります。この写真も登山道なのですが、落ち葉が溜まっていて尾根歩きとあまり変わらない感じだったりします。でも落ち葉の下はしっかり踏まれているので固いために逆に滑りやすくて怖い感じの所もありました。

2011112620

下部に降りてくるとあまりきれいとは言えないものの、わずかに紅葉が残っています。

2011112621

これは比較的きれいでしたが、斜面のために近くに寄れないのが残念でした。

2011112622

分岐にはこの先行き止まりの表示がありましたが、小野集落への道をとってみました。集落近くで笹藪があったり、フェンスに阻まれたりとあまり良い道とは言えませんでしたが、なんとか集落に出てほっとしました。

2011112623

バスが来るまで30分ほどでしたが、せっかくなので谷村町駅まで歩きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

権現平、丑田山、草戸山

23日は高尾へ。

ちょっと出遅れた上に、そういう時に限って中央線が遅れたりして高尾駅に着いたのは11時過ぎ。
館ヶ丘団地行きというバスに初めて乗りました。

2011112301

終点で下車して歩き始めます。

2011112302

山への取り付きが分からず、ええい藪を登っちゃえと適当に藪を漕いで登り、しばらく歩くと送電鉄塔に出ました。
しかし、なんとこの先へ行くと有刺鉄線の柵に阻まれるではありませんか!
しょうがなく、取り付き点近くまで戻り、別な方に登ってみたらようやく山道を発見できました。

2011112303

まったくもう、と思いながら良い山道を歩いていくと、権現平という地点に着きました。
もうお昼になっていたので眺めもありませんがここで昼食。
道標を見ると草戸峠に行けるようです。

2011112304

雨乞いの碑と書かれている方に進みました。しばらく道を辿って歩いていくと、雨乞いの碑がありました。ここは丑田山と呼ばれているらしいです。

2011112305

展望は木の間からわずかに眺められただけでした。やはり来るならば冬枯れの季節がいいのでしょうね。

2011112306

踏み跡っぽい杭のある道をしばらく辿ると若宮八幡宮の上に辿り着きました。最近立てられた道標がありました。

2011112307

下っていくと集落に辿り着きます。山間の雰囲気はとても東京とは思えない静かな場所。
山間の行き詰まりにあるため車の騒音がまったくなく、とてものんびりした良い所でした。

2011112308

しばらく車道を歩いていくと、町田市の大地沢青少年センターという大きな建物があります。その前からハイキングコースが始まっています。

2011112309

都県境尾根は短いけれど、小さないくつものピークをすべて越えていくのでなかなか面白いです。子供連れでも登りは楽しく歩けるのではないでしょうか。
城山湖からの道と合流すればもう草戸山はすぐそこ。それなりに人が休んでいました。

2011112310

久しぶりに四辻への道を下ります。草戸峠あたりからは高尾山や城山方面の眺めがなかなかいい感じでした。

2011112311

拓大分岐には人を迷わせるような道標がいくつもありました。ここは自治体がしっかりとした道標を建てて、勝手に付けた道標は撤去すべきだと思います。
途中には結構いい色の木がありましたが、全体的には今ひとつでした。

2011112312

思ったよりも歩く人は少ないようです。四辻分岐にはなかなか渋い感じの道標が立っていました。
高尾山口に下ると、人・人・人。
草戸山付近を除けば比較的静かな歩きでしたけど、高尾山の混みようは相当だったのでしょうね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボジョレーヌーボーオフ

昨日はボジョレーヌーボーオフ。

鶴巻温泉駅に集合して出発します。

2011112001

まずは吾妻山。とっても蒸し暑くて、11月半ば過ぎとは思えません。

2011112003

ときたま朱色に染まった草紅葉を見掛けました。

2011112004

散歩道のような良い道を歩いていきます。でも、意外に細かいアップダウンがありましたよ。

2011112005

弘法山手前あたりからは、矢倉岳、金時山などを見ることができました。富士も見えたのですが雲がかかっていました。

2011112006

権現山の登りにさしかかるとちょっと紅葉。

2011112007

権現山のひろーい山頂。ここで宴会です。

2011112008

2011112009

これはぜいぜいさんお手製のピザ。他にもすき焼き、きのこ汁、焼き鳥にケーキと豪勢でお腹一杯になりました。

2011112010

さすがに3時も過ぎるともう人も少なくなります。霞んでいましたが、山頂からは富士が見えていました。

2011112011

大山はやっぱり立派な山ですね。

2011112012

もう夕方の木漏れ日の中、ゆっくりと秦野駅に下山しました。

ぜいぜいさん、他みなさん、ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

布滝尾根から川苔山、三の戸山南東尾根

昨日は川苔山へ。

2011111301

古里で下車して、入川谷へ。もちろん登山者など居るわけありません。
布滝尾根に取り付きましたが、下部は枝打ちの枝が散乱して登りにくい斜面でした。
ひたすら登ると伐採地に出ました。向こうに見えるのは御岳山や日の出山でしょうね。

2011111302

大きなケヤキの木がありました。いつかは採石場になって消えてしまうのでしょうか。

2011111303

ひたすら尾根を登っていきます。カラマツの向こうに見えるのは本仁田山あたりかな。

2011111304

931m付近まで登ります。肉眼では気づかなかったのですが、写真を見たら、向こうに見える山の右に富士山が写っていたのでびっくりしました。

2011111305

ひたすらきつい尾根を登ります。

2011111306

途中には赤く紅葉した木もわずかにありました。

2011111307

ようやく辿り着いた布滝ノ峰(エビ小屋山)。古里駅から3時間近くかかっていました。

2011111308

まだ時間が早いので川苔山に向かいます。防火帯の尾根は前よりも広くなったような気がします。

2011111309

ようやく縦走路に出ます。向こうには蕎麦粒山がよく見えていました。

2011111310

ふと川苔山の方を見ると、お一人休んでいたのは、あれ、Hgさんではありませんか。
奇遇でした。

2011111311

山頂を往復してからまた赤杭(あかぐな)尾根を下ります。途中、カラマツの紅葉がまずまずの色をしている所がありました。

2011111312

下っていくと、灌木の黄葉も悪いものではありませんでした。

2011111313

伐採地があって、ススキがかなり伸びている所がありました。

2011111315

林道を歩かされるようになったのはちょっと苦痛。それでもしばらく歩くと、また登山道に戻ります。三の戸山に登れば、小さな木の板がありました。

2011111316

南東尾根に入り、736mを過ぎて下り、鞍部から登り返すと611mでした。

2011111317

下部で失敗したものの、なんとか釜飯のお店の近くに降りることが出来て一安心。
車道を川井駅まで歩きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小山田緑地と鶴見川源流の泉

今日はウォーキング。

2011111201

好天に誘われて唐木田駅が歩き出し。小山田緑地に向かいます。
冬場の天気のいい日なら丹沢方面がきれいに見えるのですが、今日はちょっと雲がかかっていました。

2011111202

ゴルフ場の横を通りますが、カートが横切ったりして今ひとつ。トンボ池という分岐があったのでそちらに入ってみました。案内板を何回か見て歩いていくと、小さな池がありました。

2011111203

残念ながらトンボはもういませんでした。

2011111204

またカート道を横断したりしながら、さらにしばらく歩くとアサザ池に着きます。水草が生えた水たまりみたいな所でした。

2011111205

その先へ行ってしまい、しばらく登ったら車道に出てしまいました。しかたないので戻って道を探すと尾根道と書かれた道がありました。雑木林の道を登っていくと、きばん峠という所に出ました。

2011111206

その先に吊り橋という分岐があったので行ってみたら、大きなつり橋だったけど揺れもせずあまり面白みのない橋。下って小山田緑地本園に入りました。広い感じの公園で、子供達がサッカーに興じておりました。

2011111210

みはらしの丘に着きます。ここからも向こうに丹沢や富士山が見られるようですが、今日はだめでした。

2011111207

だいぶ歩いて小山田バス停をさらに先へ進まねばならないところ、左の道を行ってしまい、間違えたので戻りました。だいぶ歩いていくと、ようやく鶴見川源流の泉がありました。確かに滾々と水が湧きだしていました。

ただ、残念なことに木道などが整備のために近くに寄れません。来年12年6月頃まで工事だそうです。→ 町田市の鶴見川源流の泉休園に関するお知らせページ

2011111208

山道に入って、よこやまの道に繋がる道を小山田バス停の方に向かいました。
途中、かなりひっそりした感じの所があり、不安になりました。

2011111209

広い所に出て、下っていくと民家の横を通って道路に出ました。小山田バス停に戻ります。
この後は押越バス停先から左に曲がって登り、正山寺の墓地の上を通ります。以前に歩いた事のある道で記憶に残っていました。
その先は、からきだの道に出て、唐木田駅まで歩いて戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶴ヶ鳥屋山北東尾根から北尾根

5日は鶴ヶ鳥屋山へ。

2011110501

初狩駅で下車して新田行きのバスに乗ろうと思っていたのですが、ちょっと早い電車に乗れたらとんとん拍子に進んでしまって1時間近く前に着いてしまいました。なので歩いて行ってみることにしました。
途中国道沿いは車が多いので要注意。取り付きから登っていくとかなり車の音がうるさかったです。

2011110502

黄葉がなかなか。

2011110503

かなりの急登を頑張った後、進んでいくと紅葉がよくなっていきます。

2011110504

黒野田林道に出ると、なかなか紅葉の山がよい感じ。

2011110505

赤は少ないですけど、オレンジが悪くないです。

2011110506

踏み跡に出たと思ったら、それは登山道。
相変わらず静かな鶴ヶ鳥屋山の山頂でした。

2011110507

どんよりした曇り空になっていましたが、富士山はしっかり見えていました。

2011110508

オヤマボクチがそのまま枯れたのでしょうか。なかなか面白い感じですね。

2011110509

まだ11時でしたが、下山にかかります。赤色がぽつぽつとありました。

2011110510

足下にも小さい秋。

2011110511

北尾根へのつもりでしたが、テープで左の方に誘い込まれてしまいました。しかしそのお陰でこれまたなかなか悪くない紅葉が見られたので良かったです。

2011110512

なんとか林道に降り立ち、修正して北尾根へ。28号鉄塔から踏み跡は続いていました。問題なく808mの鉄塔に着きましたのでここで昼食。向こうはお坊山か米沢山あたりでしょうね。

2011110513

まだ早い時間に笹一へ。今年も新酒祭りはしっかり盛況のようでした。時間も早いし、一人で酔っぱらうのもちょっと気が引けたので新酒と吟醸酒を買い込んで笹子駅へ向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三本杉山から甚之函山、矢平山

3日は久しぶりに前道志へ。

2011110301

無生野行きのバスを神野下村バス停で下車して戻り、久しぶりに藪に突っ込みます。

2011110302

コウヤボウキが咲くと、もう秋も終わり、というイメージですが、まだ暑かったです。

2011110303

足下にはキクがよく咲いていました。リュウノウギクでしょうか。

2011110304

露岩帯に出ると、藪の合間から眺めがありました。しかし、下にはゴルフ場が見えてちょっと興ざめ。このあたりバラ藪が多いのであまりいい感じでは無かったです。

2011110305

リンドウもときどき見掛けました。

2011110306

いくつかピークを過ぎれば三本杉山。上野原トレイルレースコースという表示がありました。9月に大会があったようですが、放置されているのですね。

2011110307

さらに尾根を登ると、甚之函山南峰。

2011110308

さらに登れば甚之函山。ただの藪山ですね。

2011110309

緩やかになった尾根を歩いていくと、見覚えのある旧大地峠でした。

2011110310

小さい秋みつけた。

2011110311

しばらく登れば矢平山。相変わらず静かな山頂でした。

2011110312

山頂付近はちょっぴり紅葉でした。

2011110313

急な下りに入ると3人ほど会いましたが、この日会ったのはその方達のみ。久しぶりに寺下峠から下山します。

2011110314

歩きにくかった道ですが、脇にロープなども張られてだいぶ整備されていました。でも、登山口まで随分長く感じました。

2011110315

最初に通った時には高さがとても怖かった塩瀬大橋もだいぶ慣れたもの。梁川駅まではもう少し歩く必要がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小菅からノーメダワ、丹波

29日(土)は久しぶりに小菅へ。

2011102901

小菅のバス停から歩き出します。

2011102902

中黒茂沢から上がって作業道を歩いていきます。古びた木橋などがいくつもありますが、まだ使えました。でも、ここは一般登山道ではありませんし、道標などはありません。

2011102903

途中から見える向こうの稜線がいい感じでした。

2011102904

やはり青空の下の紅葉はいいものです。

2011102905

途中にあった古い表示。

2011102906

予定の先まで行ってみました。まだまだ続いていましたが、戻れなくなりそうなので途中で切り上げます。

2011102907

よい道を登ればノーメダワに着きました。日だまりの場所で誰も来ることなく、一人静かな昼食を取りました。

2011102908

向こうに見えるのは、大菩薩北尾根でしょう。いつかは歩いてみたいな。

2011102910

追分へ向かいます。ちょっといい感じになってきました。

2011102911

今年はあまり期待していなかったですけど、なかなかですね。

2011102912

三段紅葉とでも言うのでしょうか。赤は少ないですけど、いろいろな色が混じっているのはなかなかいいですね。

2011102913

色が付いているのは上の方だけで、下はまだ緑一色でした。

2011102914

途中にあった石仏。風化が進んでいて、文字はかすれて読めなかったです。

2011102915

追分にはベンチがあり、石尾根を眺めることができました。

2011102916

沢が近くなると、巨木がいくつかあります。一本倒れていたのは今年の台風の影響でしょうか。巨木も少なくなっていくのですね。

2011102917

藤ダワから貝沢川に下ろうと思ったら、崩落のため通行止めになっていました。しょうがないので高尾天平を通る道にしました。少し登ってあまりピークらしくない高尾天平を越え、下りに入ると丹波川の谷がかなり深く見え、高度感がありました。

2011102918

2時台のバスには間に合わず、丹波山温泉へ。ここにも紅葉した木がありました。久しぶりにのんびりと入浴してから帰りました。

→ 以前の丹波山温泉のめこい湯のレポ

→ 丹波山温泉のめこい湯のページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »