« 三本杉山から甚之函山、矢平山 | トップページ | 小山田緑地と鶴見川源流の泉 »

鶴ヶ鳥屋山北東尾根から北尾根

5日は鶴ヶ鳥屋山へ。

2011110501

初狩駅で下車して新田行きのバスに乗ろうと思っていたのですが、ちょっと早い電車に乗れたらとんとん拍子に進んでしまって1時間近く前に着いてしまいました。なので歩いて行ってみることにしました。
途中国道沿いは車が多いので要注意。取り付きから登っていくとかなり車の音がうるさかったです。

2011110502

黄葉がなかなか。

2011110503

かなりの急登を頑張った後、進んでいくと紅葉がよくなっていきます。

2011110504

黒野田林道に出ると、なかなか紅葉の山がよい感じ。

2011110505

赤は少ないですけど、オレンジが悪くないです。

2011110506

踏み跡に出たと思ったら、それは登山道。
相変わらず静かな鶴ヶ鳥屋山の山頂でした。

2011110507

どんよりした曇り空になっていましたが、富士山はしっかり見えていました。

2011110508

オヤマボクチがそのまま枯れたのでしょうか。なかなか面白い感じですね。

2011110509

まだ11時でしたが、下山にかかります。赤色がぽつぽつとありました。

2011110510

足下にも小さい秋。

2011110511

北尾根へのつもりでしたが、テープで左の方に誘い込まれてしまいました。しかしそのお陰でこれまたなかなか悪くない紅葉が見られたので良かったです。

2011110512

なんとか林道に降り立ち、修正して北尾根へ。28号鉄塔から踏み跡は続いていました。問題なく808mの鉄塔に着きましたのでここで昼食。向こうはお坊山か米沢山あたりでしょうね。

2011110513

まだ早い時間に笹一へ。今年も新酒祭りはしっかり盛況のようでした。時間も早いし、一人で酔っぱらうのもちょっと気が引けたので新酒と吟醸酒を買い込んで笹子駅へ向かいました。

« 三本杉山から甚之函山、矢平山 | トップページ | 小山田緑地と鶴見川源流の泉 »

登山(御坂・天子)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鶴ヶ鳥屋山北東尾根から北尾根:

« 三本杉山から甚之函山、矢平山 | トップページ | 小山田緑地と鶴見川源流の泉 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ