« 桐生 観音山 | トップページ | 三本杉山から甚之函山、矢平山 »

小菅からノーメダワ、丹波

29日(土)は久しぶりに小菅へ。

2011102901

小菅のバス停から歩き出します。

2011102902

中黒茂沢から上がって作業道を歩いていきます。古びた木橋などがいくつもありますが、まだ使えました。でも、ここは一般登山道ではありませんし、道標などはありません。

2011102903

途中から見える向こうの稜線がいい感じでした。

2011102904

やはり青空の下の紅葉はいいものです。

2011102905

途中にあった古い表示。

2011102906

予定の先まで行ってみました。まだまだ続いていましたが、戻れなくなりそうなので途中で切り上げます。

2011102907

よい道を登ればノーメダワに着きました。日だまりの場所で誰も来ることなく、一人静かな昼食を取りました。

2011102908

向こうに見えるのは、大菩薩北尾根でしょう。いつかは歩いてみたいな。

2011102910

追分へ向かいます。ちょっといい感じになってきました。

2011102911

今年はあまり期待していなかったですけど、なかなかですね。

2011102912

三段紅葉とでも言うのでしょうか。赤は少ないですけど、いろいろな色が混じっているのはなかなかいいですね。

2011102913

色が付いているのは上の方だけで、下はまだ緑一色でした。

2011102914

途中にあった石仏。風化が進んでいて、文字はかすれて読めなかったです。

2011102915

追分にはベンチがあり、石尾根を眺めることができました。

2011102916

沢が近くなると、巨木がいくつかあります。一本倒れていたのは今年の台風の影響でしょうか。巨木も少なくなっていくのですね。

2011102917

藤ダワから貝沢川に下ろうと思ったら、崩落のため通行止めになっていました。しょうがないので高尾天平を通る道にしました。少し登ってあまりピークらしくない高尾天平を越え、下りに入ると丹波川の谷がかなり深く見え、高度感がありました。

2011102918

2時台のバスには間に合わず、丹波山温泉へ。ここにも紅葉した木がありました。久しぶりにのんびりと入浴してから帰りました。

→ 以前の丹波山温泉のめこい湯のレポ

→ 丹波山温泉のめこい湯のページ

« 桐生 観音山 | トップページ | 三本杉山から甚之函山、矢平山 »

登山(大菩薩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小菅からノーメダワ、丹波:

« 桐生 観音山 | トップページ | 三本杉山から甚之函山、矢平山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ