« 小菅からノーメダワ、丹波 | トップページ | 鶴ヶ鳥屋山北東尾根から北尾根 »

三本杉山から甚之函山、矢平山

3日は久しぶりに前道志へ。

2011110301

無生野行きのバスを神野下村バス停で下車して戻り、久しぶりに藪に突っ込みます。

2011110302

コウヤボウキが咲くと、もう秋も終わり、というイメージですが、まだ暑かったです。

2011110303

足下にはキクがよく咲いていました。リュウノウギクでしょうか。

2011110304

露岩帯に出ると、藪の合間から眺めがありました。しかし、下にはゴルフ場が見えてちょっと興ざめ。このあたりバラ藪が多いのであまりいい感じでは無かったです。

2011110305

リンドウもときどき見掛けました。

2011110306

いくつかピークを過ぎれば三本杉山。上野原トレイルレースコースという表示がありました。9月に大会があったようですが、放置されているのですね。

2011110307

さらに尾根を登ると、甚之函山南峰。

2011110308

さらに登れば甚之函山。ただの藪山ですね。

2011110309

緩やかになった尾根を歩いていくと、見覚えのある旧大地峠でした。

2011110310

小さい秋みつけた。

2011110311

しばらく登れば矢平山。相変わらず静かな山頂でした。

2011110312

山頂付近はちょっぴり紅葉でした。

2011110313

急な下りに入ると3人ほど会いましたが、この日会ったのはその方達のみ。久しぶりに寺下峠から下山します。

2011110314

歩きにくかった道ですが、脇にロープなども張られてだいぶ整備されていました。でも、登山口まで随分長く感じました。

2011110315

最初に通った時には高さがとても怖かった塩瀬大橋もだいぶ慣れたもの。梁川駅まではもう少し歩く必要がありました。

« 小菅からノーメダワ、丹波 | トップページ | 鶴ヶ鳥屋山北東尾根から北尾根 »

登山(道志)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三本杉山から甚之函山、矢平山:

« 小菅からノーメダワ、丹波 | トップページ | 鶴ヶ鳥屋山北東尾根から北尾根 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ