« ボジョレーヌーボーオフ | トップページ | 道坂隧道から御正体山、文台山へ »

権現平、丑田山、草戸山

23日は高尾へ。

ちょっと出遅れた上に、そういう時に限って中央線が遅れたりして高尾駅に着いたのは11時過ぎ。
館ヶ丘団地行きというバスに初めて乗りました。

2011112301

終点で下車して歩き始めます。

2011112302

山への取り付きが分からず、ええい藪を登っちゃえと適当に藪を漕いで登り、しばらく歩くと送電鉄塔に出ました。
しかし、なんとこの先へ行くと有刺鉄線の柵に阻まれるではありませんか!
しょうがなく、取り付き点近くまで戻り、別な方に登ってみたらようやく山道を発見できました。

2011112303

まったくもう、と思いながら良い山道を歩いていくと、権現平という地点に着きました。
もうお昼になっていたので眺めもありませんがここで昼食。
道標を見ると草戸峠に行けるようです。

2011112304

雨乞いの碑と書かれている方に進みました。しばらく道を辿って歩いていくと、雨乞いの碑がありました。ここは丑田山と呼ばれているらしいです。

2011112305

展望は木の間からわずかに眺められただけでした。やはり来るならば冬枯れの季節がいいのでしょうね。

2011112306

踏み跡っぽい杭のある道をしばらく辿ると若宮八幡宮の上に辿り着きました。最近立てられた道標がありました。

2011112307

下っていくと集落に辿り着きます。山間の雰囲気はとても東京とは思えない静かな場所。
山間の行き詰まりにあるため車の騒音がまったくなく、とてものんびりした良い所でした。

2011112308

しばらく車道を歩いていくと、町田市の大地沢青少年センターという大きな建物があります。その前からハイキングコースが始まっています。

2011112309

都県境尾根は短いけれど、小さないくつものピークをすべて越えていくのでなかなか面白いです。子供連れでも登りは楽しく歩けるのではないでしょうか。
城山湖からの道と合流すればもう草戸山はすぐそこ。それなりに人が休んでいました。

2011112310

久しぶりに四辻への道を下ります。草戸峠あたりからは高尾山や城山方面の眺めがなかなかいい感じでした。

2011112311

拓大分岐には人を迷わせるような道標がいくつもありました。ここは自治体がしっかりとした道標を建てて、勝手に付けた道標は撤去すべきだと思います。
途中には結構いい色の木がありましたが、全体的には今ひとつでした。

2011112312

思ったよりも歩く人は少ないようです。四辻分岐にはなかなか渋い感じの道標が立っていました。
高尾山口に下ると、人・人・人。
草戸山付近を除けば比較的静かな歩きでしたけど、高尾山の混みようは相当だったのでしょうね。


« ボジョレーヌーボーオフ | トップページ | 道坂隧道から御正体山、文台山へ »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 権現平、丑田山、草戸山:

« ボジョレーヌーボーオフ | トップページ | 道坂隧道から御正体山、文台山へ »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ