« 権現平、丑田山、草戸山 | トップページ | 西上州 黒滝山 »

道坂隧道から御正体山、文台山へ

26日(土)は御正体山へ。

2011112601

道坂隧道行きのバスに乗って終点で下車して歩き始めます。旧トンネルの手前に登山口がありました。

2011112602

しばらく登っていくと四等三角点がありました。

2011112603

緩やかな尾根がいい感じです。

2011112604

左側は眺めが楽しめます。でもいい天気だと思ったら結構丹沢方面は雲が多い感じ。左奥は大室山、中央奥は丹沢主稜の山々でしょうね。

2011112605

岩下の丸にはひっそりと三角点がありました。

2011112606

お花なんかあるとは思っていなかったのですが、なんとヤマホタルブクロが咲いているではありませんか。こないだの陽気で季節を間違えたのかな。それともずっと咲かなかったのか、謎ですね。

2011112607

中央線の向こうはあんなに晴れているのに残念です...。

2011112608

笹の生えた道を登っていきます。

2011112609

白井平からの道が合流すると、かなりきつい登り。それでも淡々と登っていってなんとか山頂に着きました。

2011112610

一等三角点が大きいですね。

2011112611

峰宮跡には小さな祠がありました。

2011112612

こんな大きなブナがある所がやはり御正体山の良い所ですね。

2011112613

鹿留林道への分岐のあたりにはベンチがあり、南アルプスや御坂山塊を見ることができました。この先は枝藪の道が続きます。

2011112614

キレット付近。かなり高度感がありました。しかし、この先の小さなピークへの登りはかなり厳しく岩を掴んでよじ登ったりするので、滑落などを起こさないようにかなり慎重に登りました。

2011112615

登っていくと、ハガケ山に着きました。

2011112616

笹藪が深くなります。途中で道を外してしまい、笹と格闘した所もありました。

2011112617

ようやく笹がなくなり、あまり踏み跡のない気持ちのいい尾根道になりました。

2011112618

さらに歩くと登山道に出ました。左に登っていくと、ようやく文台山。静かなピークでした。

2011112619

戻って登山道を下ります。この写真も登山道なのですが、落ち葉が溜まっていて尾根歩きとあまり変わらない感じだったりします。でも落ち葉の下はしっかり踏まれているので固いために逆に滑りやすくて怖い感じの所もありました。

2011112620

下部に降りてくるとあまりきれいとは言えないものの、わずかに紅葉が残っています。

2011112621

これは比較的きれいでしたが、斜面のために近くに寄れないのが残念でした。

2011112622

分岐にはこの先行き止まりの表示がありましたが、小野集落への道をとってみました。集落近くで笹藪があったり、フェンスに阻まれたりとあまり良い道とは言えませんでしたが、なんとか集落に出てほっとしました。

2011112623

バスが来るまで30分ほどでしたが、せっかくなので谷村町駅まで歩きました。

« 権現平、丑田山、草戸山 | トップページ | 西上州 黒滝山 »

登山(道志)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道坂隧道から御正体山、文台山へ:

« 権現平、丑田山、草戸山 | トップページ | 西上州 黒滝山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ