« 布滝尾根から川苔山、三の戸山南東尾根 | トップページ | 権現平、丑田山、草戸山 »

ボジョレーヌーボーオフ

昨日はボジョレーヌーボーオフ。

鶴巻温泉駅に集合して出発します。

2011112001

まずは吾妻山。とっても蒸し暑くて、11月半ば過ぎとは思えません。

2011112003

ときたま朱色に染まった草紅葉を見掛けました。

2011112004

散歩道のような良い道を歩いていきます。でも、意外に細かいアップダウンがありましたよ。

2011112005

弘法山手前あたりからは、矢倉岳、金時山などを見ることができました。富士も見えたのですが雲がかかっていました。

2011112006

権現山の登りにさしかかるとちょっと紅葉。

2011112007

権現山のひろーい山頂。ここで宴会です。

2011112008

2011112009

これはぜいぜいさんお手製のピザ。他にもすき焼き、きのこ汁、焼き鳥にケーキと豪勢でお腹一杯になりました。

2011112010

さすがに3時も過ぎるともう人も少なくなります。霞んでいましたが、山頂からは富士が見えていました。

2011112011

大山はやっぱり立派な山ですね。

2011112012

もう夕方の木漏れ日の中、ゆっくりと秦野駅に下山しました。

ぜいぜいさん、他みなさん、ありがとうございました。

« 布滝尾根から川苔山、三の戸山南東尾根 | トップページ | 権現平、丑田山、草戸山 »

登山(丹沢)」カテゴリの記事

コメント

うわ~~美味しそう!!
暑かったけど、宴会にはいい日和でしたね、日曜日。
こういう山歩きが楽しい季節になりましたね(^^♪

cyu2さん、こんにちは。

日曜日は予想外のお天気で、
日向は直射日光もきつくて結構大変でした。
料理は本当に美味しかったですよ。

たまにはこんな山もいいですね。
だいたい勤労感謝の日を過ぎると寒くなっていくので登山者が減るのですが、今年もそうなるかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボジョレーヌーボーオフ:

« 布滝尾根から川苔山、三の戸山南東尾根 | トップページ | 権現平、丑田山、草戸山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ