« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

予定外の能岳、八重山、虎丸山

28日(土)は笹尾根へ行こうと思ったのですが、電車の途中で地震に遭いました。
最初は駅に止まったのに電車が横揺れしていて、この電車やばいんじゃないの?ってちょっと思ったら、アナウンスがあって地震だったことが分かりました。(^^;
しかし、そのお陰で電車が遅れたこともあって、高尾で乗り遅れてしまいました。これでバスに乗り遅れることが決定。

ということで地図を見て急遽決めた山は能岳。以前から歩いてみたいとは思いましたが、小さな里山なので一日コースには簡単すぎて足が向きませんでした。が、こんな時ですから行ってみることにしました。

2012012801

本町三丁目行きのバスにのって終点で下車し、歩き出します。

2012012802

凍てつく空気が滅茶苦茶寒いです。大堀バス停の先を曲がって上野原中学校前まで行くと八重山ハイキングコースの表示があります。駐車場に続く道路を登ると登山道の入口がありました。

2012012803

しばらくは樹林の中の道。雪は多少ありましたが、たいしたことはありません。分岐があり、左は学校の生徒のための観察道のようで、右がハイキングコースになっています。

2012012804

また分岐。公園化されているのでたくさん道があります。いずれをとっても山頂には行き着けます。

2012012805

右の道を選択して登っていきます。右手には権現山方面が見えてきました。

2012012806

さらに2箇所ほど分岐を過ぎて登っていくと、展望台がありました。
そこからの展望は広い眺めでなかなかいい場所です。ちょっとこの日は霞んでいましたが真っ白な富士も見ることができました。

2012012807

右手の方は権現山、富士の手前には道志の山々、この写真には出ていませんが、左には丹沢の山々が並んでいました。

2012012808

石碑のあるピークには、この山を学校に寄贈された方のお名前が書かれていました。さらに下って登れば八重山山頂。ここにはあずまやがあって休むには最適です。

2012012809

下っていけば、能岳峠。そこにはかわいらしい石仏が置かれていました。

2012012810

短いけどちょっぴりきつい登りで能岳に着きます。三角点がありますが、それほど眺めのないピークでした。

2012012811

雪がちょっぴり多い下りを、向風集落に下りました。帰るには早すぎるのでしばらく歩いて虎丸山から登り返してみます。山風呂バス停の先を曲がるのですが、標識はなく、地元の方に訪ねてみるとここかなと思った角を曲がれば良かったようです。少し右に行くと標識のある登山口がありました。

2012012812

入口付近はちょっとヤブっぽい感じでしたが、道は続いています。途中からはよくなりますが、山は巻いてしまう雰囲気。上に道がありそうな登れそうな斜面があったので、ヤブの中に突っ込んで登り、標識があったので右に行ってみると、ちょっときつい登りで虎丸山に着きました。社の中には祠が祭られていました。眺めもなく静かな山頂です。

2012012814

しばらく道を進むとさきほどの道に合流しました。そこにはしっかり道標があって、ヤブに突っ込む必要などなかったことが分かりました。(^^;

そのまま能岳へ登り返し、2度目の山頂を踏み、展望台へ。
さすがにもう富士は霞んで雲も出ていました。

また、本町三丁目バス停まで歩き、バスに乗って上野原駅に戻りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

曳舟川親水公園

冷たい雨の22日(日)もウォーキング。

2012012201

京成押上線の四ツ木駅で下車して歩き出します。まずは西光寺に立ち寄ります。

2012012202

少し歩くとめだかの小道という歩道があります。脇には小さな流れがありました。

2012012203

しばらく歩いて白髭神社でお参り。

2012012204

またしばらく歩いて慈眼院の厄よけ地蔵尊でお参り。

2012012205

曳舟親水公園は道路に挟まれた敷地にある公園でした。

2012012206

さすがにこんな冬の雨の降る日は水もあまりなくて寂しい感じでした。

2012012207

九品寺を探しましたが、簡単な地図しかなくて見つからず、氷川神社は見つけてお参り。まだ大きな「茅の輪」がありました。(自分はやりませんでしたが、横の説明書きによると左から8の字に回るそうな。)

妙源寺やもう一つの西光寺を回って京成線のお花茶屋駅に出ました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

黒川谷戸、布田道

15日(日)はウォーキング。

2012011501

若葉台駅を歩き出し、まずは「よこやまの道」へ。もう12時を回っていました。途中ショートカットする道は初めて歩きました。久しぶりに来た三角点のある諏訪ヶ岳。やはり落ち葉の頃は少しイメージが違いますね。

2012011502

ちょっと行きすぎたものの、何も書かれていない分岐を黒川谷戸へ向かいます。途中には樹齢400年を超すという桜の古木。確かにかなりの大きさがありました。

2012011503

毘沙門大堂に立ち寄りました。山に囲まれた場所で静かな所でした。その先、ちょっと行きすぎてしまってまた戻り、ようやく布田道へ辿り着きます。新選組の近藤や土方が歩いた道の表示がありますが、大きな墓地を回り込み、その先は大きな変電所。あまりいい道とは言えません。三社大権現の先でまた迷ってしまい、変な方向にしばらく歩いてしまって、また戻り、ようやく別所に下りました。その先で切通に向かうと小さな谷戸がありました。

2012011504

緩やかな道を登っていくと、切通しにでます。ここは以前にも来たことがありますが、静かな場所です。写真は明るく写っていますが、実際はもっと暗い感じです。
小野路バス停に出ましたが、バスは1時間に1本くらいで時間が合わず、その先は長い舗装道路歩きで、多摩センターまで歩きました。結局着いたのは4時過ぎ。意外に距離がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石老山オフ会(寸沢嵐から高塚山)

14日(土)は高塚山から石老山へ。

のぞむさんからのお誘いでオフ会に参加することになりました。cyu2さんとヤマレコのmarchiさんが参加。相模湖で集合しました。

2012011401

相模湖からのバスを帝京大学前で下車します。しばらくは道路歩き。ガイド通り清光寺はあったものの、その先に道なんかあるのと思ったら、しっかり小さな道が分岐していました。そちらに入ってしばらく行くと、ポールが立っていました。

2012011402

入口こそしっかりしていたものの、だいぶ横の笹がうるさい感じになっています。それでも鉄塔までは難しくはなく到着。

2012011403

その先に行くと、倒木があり、それを乗り越えながら急登をこなします。大岩があって右に巻いたら踏み跡は途中でなくなってしまい、しょうがなくとりあえず上に登ります。だいぶ登って尾根に出ると、岩を左から巻いて登ってきた道に出ました。露岩の小さなピークが最初は554mかと思いましたが、その先へ行くと伐採地に出て右には遠くに大岳山を望むことができました。

2012011404

登っていくと、どうということのない554mを過ぎます。その先はかなり踏み跡が分かりやすくなり、林道を右に見て一度下ってから高柄山への急登。ここはホントにちょっときつかったです。最後は一人で先に行こうとちょっと走り気味に登ったら、山頂にはたくさんの人。山の会などのグループでしょうか。登ってきた方は「これより先行き止まり」になってました。

2012011405

ゆっくり昼食を取ったのち、石老山に向かいます。前はこの道もヤブっぽかった記憶がありますが、今は一般登山道に変わっていてヤブなどありませんでした。

2012011406

樹林が続き、眺めのない道が静かな感じでした。

2012011407

ようやく山頂に着きました。さすがに富士は見えなくなっていました。

2012011408

下山は大明神展望台へ向かいます。こんな道だったっけ。すっかり記憶にありません。551mのピークから見える山の上には白いものが見えます。陣馬山?といろいろ議論し、地図に磁石を当てて確認すると、どうやら城山のようです。

2012011409

展望台からは霞んでいましたが、広い眺めを楽しむことができました。

2012011410

ねん坂へ向かいました。プレジャーフォレストの前のバス停へ出ましたが、時間が合わず、相模湖まで行こうかと歩きましたが、途中でバスの時間が近くなったので、少し待って嵐山バス停でバスに乗り、相模湖駅に出ました。

この後の打ち上げにダマチョさんが参加。最後まで盛り上がった一日でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

河内温泉金谷旅館

高根山の帰りは蓮台寺に下り、そのまま河内温泉金谷旅館へ。
駅から歩いて数分という所で遠くはありませんでした。

2012010909

入浴料は1000円です。旅館の立ち寄り入浴だとやはりこのくらいはするでしょう。

木造の建物は古めかしい造りで、やはり雰囲気があります。
脱衣場や脱衣籠も年季が入った感じです。

そして千人風呂へ。これは本当に広い。
横長にとても広い浴槽があり、二つに分かれています。
手前には女性をかたどった彫像があったりして少し浅めになっていて、奥は深いお風呂になっています。奥は歩行浴もできる感じです。冬場のせいか、比較的ぬるめの感じでした。おそらく源泉そのままの温度なのでしょう。そのため、夏場はかなり熱くなるようです。

お湯は無味無臭で、アルカリ単純泉ということでした。ごく微量でしたが温泉臭があって、やはりいい感じでした。マスが置いてあって飲泉もできるようなので飲んでみましたが、味も香りも特にクセのない普通のお湯という感じです。

木の扉があったので開けてみると、そこは露天風呂でした。あまり大きくはなく、後から取って付けた感じのようでした。それでも、内湯で熱くなって、外へ出て冷やす、を何度か繰り返しました。

夏場は海が近いせいか、あまりいい客層ではないようですが、この冬の時期は人もあまり多くなく、静かで良い雰囲気でした。この温泉を楽しむならばやはり冬の時期をお勧めしたいです。

2012010911

素晴らしいお湯が満喫できた、とってもいい温泉でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

高根山

9日(月)祝は高根山へ。

2012010901

伊豆急下田駅で下車して、まずは下田富士へ。
駅からわずかな距離に登山口がありました。

2012010902

山頂には神社があるのみ。木があるので眺めもなく、静かな山頂でした。
やはり伊豆は暖かいですね。

2012010903

下る途中からは遠くに海を見ることができました。

2012010904

下まで降りたら、「下田富士」と書かれた石板がありました。

しか~し、このあとにまたドラマが。
寝姿山に登ろうと、ロープウェイ駅に行って、「片道切符を」と言うと「あなたはどこへ行くんですか?」「???」「高根山?あそこはだめだ、行けないよ。」「なんでだめなんですか?」「私有地を通ることになるので通行できないよ。」ええー、そんな事聞いてないよ。よく見ると、そもそもロープウェイは往復料金しか書かれておらず、片道乗車なんて論外みたいな雰囲気。

しょうがないなぁ、ということで地形図を見て、とあるプランを思いついた。
で歩いてみたところ、やっぱり私有地があった。
一応通行できたけど、ここには書かないことにします。
(寝姿山にはもちろん足は踏み入れていませんよ。)

ということで、いきなり高根山へジャンプ!

2012010905_2

高根山からはなかなか良い眺め。海側にはちょっと木が邪魔していたりするけれど、伊豆諸島などを見ることができました。

2012010906

伊豆中央部のほとんど知らない山々でしたが、山側も良い眺めが広がっています。

2012010907

ホントにごくわずかでしたが、富士山らしき山影を見ることができました。

2012010910

山頂にはお地蔵さんが立っています。

この後は、のんびりと蓮台寺駅に下りました。

ということで、寝姿山から高根山への縦走は今は無理みたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川場雪遊び

7日は川場温泉付近の山へ。

2012010701

沼田駅でちらほらと雪が降っていましたが、上界戸で下車するとしっかり雪が降っています。

2012010702

30分ほど歩いて鉱石山への林道に入りますが、もうすでに膝くらいの雪。これはツボ足では山頂へ行くのはとても無理でしょうと諦めムード。

2012010703

先行者のトレースは途中で左に折れていました。しょうがないのでそれを追ったら、吹きだまりで終わっていました。分岐に戻って先へ歩いてみましたが、腰まで潜る雪でとても進めません。一応、自分であそこまで行こうと決めた地点まで歩いた所でラッセルを頑張り、そこで終了。一時間半近く頑張りましたが、林道終点さえも行き着けませんでした。

2012010704

戻ってホッとした所。ここまで雪があるとは予想していませんでした。ちかくにふじやまの湯という民宿兼日帰り湯があるのでそこで入浴。なかなかいいお湯でした。

2012010705

健康村バス停でバスを待ちます。雪遊びと温泉に入りに行った一日でした。

しかし、年の初めから寝坊するわ、山に行ったら行ったでこんな感じでしたが、
今年もめげずに頑張ります!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

山の手七福神

今年は山の手七福神をチョイス。

20120101

飯田橋駅を出て神楽坂を登ります。しばらく行くと毘沙門様のある善国寺がありました。

20120102

ガイドに書かれていた石段右側に几号水準点がありました。内務省が1876年頃(明治9年)から測量を開始し、その時に使われた標石だそうです。

20120103

しばらく歩いて経王寺。ここには大黒天がありました。見にくいかも知れませんが、写真にも写っていますね。

20120104

またしばらく歩いて抜弁天の厳島神社。

20120105

横断歩道を渡って向かいの福禄寿のある永福寺でお参り。

20120106

次はまねき通りをしばらく歩いて寿老人のある法善寺。

20120107

七福神とは関係ありませんが、通りをもう少し歩いて3つ目の角を曲がって少し行くと、西向天神社があります。ここには東大久保富士があります。ここに来るのは、もう何回目でしょうか。

20120108

だいぶ歩いて稲荷鬼王神社は恵比寿様。お雑煮色いろと書かれたお雑煮の写真がたくさん掲げられていました。お雑煮も家によって随分違うものですね。

20120109

まただいぶ歩いて最後の太宗寺。布袋尊が祭られています。最後は仁王様に挨拶して新宿駅まで歩きました。

今年は平穏な一年になりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »