« 高根山 | トップページ | 石老山オフ会(寸沢嵐から高塚山) »

河内温泉金谷旅館

高根山の帰りは蓮台寺に下り、そのまま河内温泉金谷旅館へ。
駅から歩いて数分という所で遠くはありませんでした。

2012010909

入浴料は1000円です。旅館の立ち寄り入浴だとやはりこのくらいはするでしょう。

木造の建物は古めかしい造りで、やはり雰囲気があります。
脱衣場や脱衣籠も年季が入った感じです。

そして千人風呂へ。これは本当に広い。
横長にとても広い浴槽があり、二つに分かれています。
手前には女性をかたどった彫像があったりして少し浅めになっていて、奥は深いお風呂になっています。奥は歩行浴もできる感じです。冬場のせいか、比較的ぬるめの感じでした。おそらく源泉そのままの温度なのでしょう。そのため、夏場はかなり熱くなるようです。

お湯は無味無臭で、アルカリ単純泉ということでした。ごく微量でしたが温泉臭があって、やはりいい感じでした。マスが置いてあって飲泉もできるようなので飲んでみましたが、味も香りも特にクセのない普通のお湯という感じです。

木の扉があったので開けてみると、そこは露天風呂でした。あまり大きくはなく、後から取って付けた感じのようでした。それでも、内湯で熱くなって、外へ出て冷やす、を何度か繰り返しました。

夏場は海が近いせいか、あまりいい客層ではないようですが、この冬の時期は人もあまり多くなく、静かで良い雰囲気でした。この温泉を楽しむならばやはり冬の時期をお勧めしたいです。

2012010911

素晴らしいお湯が満喫できた、とってもいい温泉でした。

« 高根山 | トップページ | 石老山オフ会(寸沢嵐から高塚山) »

温泉(中部)」カテゴリの記事

コメント

一昨年の一月初旬、爪木崎の水仙見物の途中、金谷旅館に立ち寄りました。
わたし的には好印象でした。
人も少なく、確か誰も他にいなかった記憶があります。

そうですか、夏場は混みあうのですか。
そして、金目の煮物いただければ、最高ですね。

zioさん、こんにちは。

zioさんもこちらに立ち寄られたことがありますか。
夏の話は自分は直接見た訳ではありませんが、あまりいい話は聞きませんね。

やはり人のいない温泉ほどよいものはありません。
確かに金目鯛の煮付けはいいですね。
前はそんなに高くなかったけれど、今は採れないのか、かなり高いので、いつでもとはいかないのが残念ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 河内温泉金谷旅館:

« 高根山 | トップページ | 石老山オフ会(寸沢嵐から高塚山) »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ