« 石老山オフ会(寸沢嵐から高塚山) | トップページ | 曳舟川親水公園 »

黒川谷戸、布田道

15日(日)はウォーキング。

2012011501

若葉台駅を歩き出し、まずは「よこやまの道」へ。もう12時を回っていました。途中ショートカットする道は初めて歩きました。久しぶりに来た三角点のある諏訪ヶ岳。やはり落ち葉の頃は少しイメージが違いますね。

2012011502

ちょっと行きすぎたものの、何も書かれていない分岐を黒川谷戸へ向かいます。途中には樹齢400年を超すという桜の古木。確かにかなりの大きさがありました。

2012011503

毘沙門大堂に立ち寄りました。山に囲まれた場所で静かな所でした。その先、ちょっと行きすぎてしまってまた戻り、ようやく布田道へ辿り着きます。新選組の近藤や土方が歩いた道の表示がありますが、大きな墓地を回り込み、その先は大きな変電所。あまりいい道とは言えません。三社大権現の先でまた迷ってしまい、変な方向にしばらく歩いてしまって、また戻り、ようやく別所に下りました。その先で切通に向かうと小さな谷戸がありました。

2012011504

緩やかな道を登っていくと、切通しにでます。ここは以前にも来たことがありますが、静かな場所です。写真は明るく写っていますが、実際はもっと暗い感じです。
小野路バス停に出ましたが、バスは1時間に1本くらいで時間が合わず、その先は長い舗装道路歩きで、多摩センターまで歩きました。結局着いたのは4時過ぎ。意外に距離がありました。

« 石老山オフ会(寸沢嵐から高塚山) | トップページ | 曳舟川親水公園 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒川谷戸、布田道:

« 石老山オフ会(寸沢嵐から高塚山) | トップページ | 曳舟川親水公園 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ