« 川場雪遊び | トップページ | 河内温泉金谷旅館 »

高根山

9日(月)祝は高根山へ。

2012010901

伊豆急下田駅で下車して、まずは下田富士へ。
駅からわずかな距離に登山口がありました。

2012010902

山頂には神社があるのみ。木があるので眺めもなく、静かな山頂でした。
やはり伊豆は暖かいですね。

2012010903

下る途中からは遠くに海を見ることができました。

2012010904

下まで降りたら、「下田富士」と書かれた石板がありました。

しか~し、このあとにまたドラマが。
寝姿山に登ろうと、ロープウェイ駅に行って、「片道切符を」と言うと「あなたはどこへ行くんですか?」「???」「高根山?あそこはだめだ、行けないよ。」「なんでだめなんですか?」「私有地を通ることになるので通行できないよ。」ええー、そんな事聞いてないよ。よく見ると、そもそもロープウェイは往復料金しか書かれておらず、片道乗車なんて論外みたいな雰囲気。

しょうがないなぁ、ということで地形図を見て、とあるプランを思いついた。
で歩いてみたところ、やっぱり私有地があった。
一応通行できたけど、ここには書かないことにします。
(寝姿山にはもちろん足は踏み入れていませんよ。)

ということで、いきなり高根山へジャンプ!

2012010905_2

高根山からはなかなか良い眺め。海側にはちょっと木が邪魔していたりするけれど、伊豆諸島などを見ることができました。

2012010906

伊豆中央部のほとんど知らない山々でしたが、山側も良い眺めが広がっています。

2012010907

ホントにごくわずかでしたが、富士山らしき山影を見ることができました。

2012010910

山頂にはお地蔵さんが立っています。

この後は、のんびりと蓮台寺駅に下りました。

ということで、寝姿山から高根山への縦走は今は無理みたいです。

« 川場雪遊び | トップページ | 河内温泉金谷旅館 »

登山(静岡・伊豆)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高根山:

« 川場雪遊び | トップページ | 河内温泉金谷旅館 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ