« 箱根山 | トップページ | 入山尾根から舟子尾根 »

大平山、晃石山、馬不入山、岩舟山

12日(日)は久しぶりに栃木へ。

2012021201

最初は栃木駅から國學院行きのバスに乗るつもりでしたが、早い電車に乗れたので、新大平下駅で下車して歩き出します。

2012021202

しばらく歩くと登山口に着き、頑張って登っていきます。お店の裏手に辿り着き、道路を少し歩くと謙信平。富士を見ることができました。ここは車でも来られます。

2012021203

ちょっと先には山本有三文学碑があり、「路傍の石」の一節が書かれていました。

2012021204

道路から離れて少し登ると大平山神社。なかなか大きな神社です。

2012021205

細い道に入って登っていくと、富士浅間神社のある大平山に着きますが、風が強くて寒いのでさっさと先へ。

2012021207

山道をのらりくらりと歩いていくと、ちょっときつい登りで着いた所が晃石山。

2012021206

久しぶりに一等三角点でした。

2012021208

日光方面はガスっぽく、ほとんど見えませんでした。

2012021209

小さなピークをいくつか過ぎて下ると桜峠に着きます。右は大きく伐採されていて、風の通り道になっており、かなり寒くてまた通り過ぎました。

2012021210

しばらく進むと明るい尾根になります。

2012021211

いくつも小さなピークを過ぎると馬不入山に着きました。樹林の向こうは晃石山方面。

2012021212

急坂を下ったりして、道路に出て、岩舟山に向かいます。曲がるはずの所を通り過ぎて地元のおじさんに教えてもらってそちらの道路に入ります。舗装されているのですが、かなり急な登りでした。右手には大きな岩が見えます。

2012021213

登り着くと高勝寺というお寺があったのでお参りしました。

2012021214

岩舟駅方面へ進むと、町並みを見ることができます。右手には樹林越しに三毳山を見ることができました。

2012021215

石段を頑張って下って岩舟駅へ。一時間に1本程度でした。

« 箱根山 | トップページ | 入山尾根から舟子尾根 »

登山(那須・栃木)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大平山、晃石山、馬不入山、岩舟山:

« 箱根山 | トップページ | 入山尾根から舟子尾根 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ