« 凍結した百尋の滝を見に川苔山 | トップページ | 大平山、晃石山、馬不入山、岩舟山 »

箱根山

今日は良い天気だったけど、ウォーキング。

20112021101

高田馬場駅を歩き出して、まずは戸山公園。戸山公園は二つに分かれていて、大久保地区の方はちょっと広めの普通の公園。箱根山地区の方には箱根山があります。
こちらは元々は尾張藩の下屋敷の跡地の一部で、池を掘った残土で作った築山だそうです。
その後、陸軍の戸山学校用地となりましたが、戦後に公園になったようです。
登ってみましたが、周りはマンションや住宅であまり良い眺めとは言えませんでした。

早稲田に出ると、何やら機動隊がたくさんいて物々しい警戒中。何があるんでしょう。

20112021102

しばらく歩いて夏目坂を登り、漱石公園へ。
漱石山房があったところで、夏目漱石の終焉の地だそうです。

20112021103

銅像もありました。

20112021104

しばらく歩くと江戸川公園に着きます。もうちらほら梅が咲いていました。
春は少しずつやってきますね。

20112021105

新江戸川公園は初めて入りましたが、なかなか大きな池のある公園でした。

20112021106

都電早稲田駅あたりに行くと、また機動隊の先に、右翼らしき車が拡声器で何やら叫んでいます。しょうがないので迂回して甘泉園公園に。普段は静かな公園なのでしょうが、ここまで聞こえてきました。

早稲田通りに出て高田馬場駅に向かいましたが、明治通りとの交差点ではバリケードまで配備して警戒するという物々しさで、物騒な一日でした。

« 凍結した百尋の滝を見に川苔山 | トップページ | 大平山、晃石山、馬不入山、岩舟山 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 箱根山:

« 凍結した百尋の滝を見に川苔山 | トップページ | 大平山、晃石山、馬不入山、岩舟山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ