« 益の湯 | トップページ | 南郷山北東尾根 »

練馬の散歩

25日(土)は雨が降っていましたが、午後には止んだので練馬へ散歩に。

2012022501

都営大江戸線の練馬春日居町で下車してわずかに歩くと、練馬大根の碑がありました。

2012022502

1941年に建てられたそうです。当時は東京府だったのですね。

2012022503

しばらくふじ大山道を歩きます。富士、大山信仰が盛んになった頃によく歩かれたそうな。しばらく歩いた所に御嶽神社があります。

2012022504

服部半蔵奉納の仁王像だそうです。近くのお寺に寄進したものだそうですが、明治の頃に廃寺になり、こちらに置かれるようになったらしいです。なかなか貴重なものですね。

2012022505

谷原の交差点から清戸道という清瀬から江戸に通じるという古い街道跡を歩きます。環状8号の下を少し過ぎると高松庚申塔という庚申塔があります。右は敷石供養塔というらしく、清戸道に敷石を並べて交通の便を図ったことを記念して建立したものだそうです。

練馬駅まで歩きました。

« 益の湯 | トップページ | 南郷山北東尾根 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 練馬の散歩:

« 益の湯 | トップページ | 南郷山北東尾根 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ