« ホリデーパスが3月で終了 | トップページ | 凍結した百尋の滝を見に川苔山 »

境界尾根から大塚山、御岳山

29日(日)は奥多摩へ。

2012012901

御岳駅を歩き出して、しばらくは渓谷歩道を歩きます。さすがにこの時期は寒いけど春や秋なら散歩にいい感じですね。

2012012902

境界尾根に取り付きます。最初は雪がなかったけど登るにつれて雪が増えます。

2012012903

途中には青梅市の基準点がありました。

2012012904

風が強くて寒く暗い樹林の中の登りが続きましたが、ようやく明るい所にでるとやはり気持ちいいです。

2012012905

かなり急な登りを頑張ると古里からの一般道に出ました。雪は足首以上ありました。

2012012906

大塚山の山頂。この日は静かな山頂でした。

2012012907

奥多摩の奥の山がまるで上越の山みたいに見えました。

2012012908

御岳山へ行ってお参り。さすがにこのあたりは人が結構いました。

2012012909

再び大塚山に戻り、古里への道を下山します。こちらは不安もなく歩ける一般道です。

2012012910

さすがに下部の樹林帯は雪もなくなり、見覚えのある登山口に着きました。右へ行って丹生神社の大杉を見に行きます。なかなか大きな杉でした。

2012012911

神社でお参りします。丹三郎友連が勧請した神社ということでした。この後は古里駅に出ました。

« ホリデーパスが3月で終了 | トップページ | 凍結した百尋の滝を見に川苔山 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 境界尾根から大塚山、御岳山:

« ホリデーパスが3月で終了 | トップページ | 凍結した百尋の滝を見に川苔山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ