« 境界尾根から大塚山、御岳山 | トップページ | 箱根山 »

凍結した百尋の滝を見に川苔山

金曜日は相当な冷え込みがあったので、もしかしたらと4日(土)は百尋の滝から川苔山へ。

2012020401

川乗橋から歩き出します。途中の林道横の岩でさえ、こんなにつららが。これは期待できます。

2012020402

しばらく登っていくとやはり暑くなります。いつの間にか簡易トイレができたのですね。
カセージンさんの情報だと、冬季は利用不可のようです。

2012020403

川乗谷に入ると、やはりまだ雪がしっかり残っています。

2012020404

登山道を登っていきますが、途中雪も残り、凍結している所も多々あるので慎重に登ります。谷の横もこんな感じで期待度アップ。

2012020405

そしていつものように分岐からロープのついた階段を降りると、うわー、なんだこれは。
上部は水が流れていましたが、完全に氷の世界になっていました。

2012020406

普段は滝のしぶきで近寄れませんが、氷のおかげですぐ近くまでいけます。
すごい迫力でした。

2012020407

谷を登っていきますが、結構雪がありました。谷から折り返して登るところは結構雪が柔らかいので滑って登りにくかったです。川苔山の肩は素晴らしい雪道になっていました。

2012020408

やはり山頂のこの手前のあたりが一番わくわくする所です。

2012020409

そして山頂は素晴らしい眺め。

2012020410

富士もきれいでした。

2012020411

下りは普通に鳩ノ巣駅へ向かいます。舟井戸のコルあたりもいい感じの雪山ですね。

2012020412

鳩ノ巣駅には1時前に下山できました。

« 境界尾根から大塚山、御岳山 | トップページ | 箱根山 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 凍結した百尋の滝を見に川苔山:

« 境界尾根から大塚山、御岳山 | トップページ | 箱根山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ