« 大平山、晃石山、馬不入山、岩舟山 | トップページ | 目黒付近散歩 »

入山尾根から舟子尾根

18日(土)は八王子の低山へ。

2012021801

前日は粉雪が降ったらしく、道にも少し積もっていました。
美山町行きのバスに乗り、御屋敷入口バス停で下車しました。
しばらく歩いていくとひっそりした感じになり、琴平神社の鳥居があります。
もちろん足跡はありませんでした。

2012021802

しばらく登っていくと琴平神社に着きます。途中の急な所には手すりもあり、地元の人に愛される神社なのでしょうね。

2012021803

尾根に取り付きますが、灌木がうるさい感じの所もあり、雪も落ちてきました。

2012021804

「向イ山」とテープの付けられた386m付近。

2012021805

だいぶ採石場が近いです。やはり歩けなくなる時期もかなり近いのでは。536mで左に曲がります。

2012021806

採石場は本当に広い。木が伐採されて丸見え。ここまで伐採したということはもうすぐ削られるのかな。

2012021807

細かいアップダウンをいくつもこなして、ようやく着いた648m付近。

2012021808

一般道に合流して、今熊山への道と分かれて舟子尾根に入ります。鉄塔を過ぎ、505m付近で巡視路と別れるとちょっと灌木がうるさくなり、倒木などもあって歩きにくい踏み跡を登ると509mに着きました。写真のような標識が付いていました。

2012021809

また倒木に邪魔されたりしながら下っていくと、大正時代の戸倉村の標石がありました。
鉄塔を過ぎた所で巡視路で右に下れば林道に降り立ちました。

2012021810

沢戸橋に出ました。まだ時間も早かったので武蔵五日市駅まで歩いてしまいました。

« 大平山、晃石山、馬不入山、岩舟山 | トップページ | 目黒付近散歩 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 入山尾根から舟子尾根:

« 大平山、晃石山、馬不入山、岩舟山 | トップページ | 目黒付近散歩 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ