« 馬頭刈山 | トップページ | 千手山から弾左衛門ノ峰 »

橋本山から顔振峠

18日(日)は久しぶりに奥武蔵へ。

2012031801

最近、地元の方によって開かれたという古道飛脚道を歩いてみようと東吾野駅で下車します。少し歩いて福徳寺というお寺に着くと、裏手から始まっていました。

2012031803

よく整備されている道をしばらく登っていくと橋本山に着きます。321mという超低山です。

2012031802

山頂からは、なかなか広い眺め。天気が悪いのが残念でした。

2012031804

久しぶりに来たユガテ。春には桃源郷と化す場所ですが、さすがに今年はまだ寒いようです。

2012031805

さらにしばらく山道を登っていくと、エビガ坂。右は鎌北湖への道ですね。左へ進みます。

2012031806

林道も絡んでしばらくアップダウンを頑張ります。途中で右に入って登れば越上山。眺めのない山頂でした。

2012031807

わずかに手前から眺めがありますが墨絵の世界でした。

2012031808

顔振峠に着きますが、お店があるだけで休むところがありません。そのまま下ると二重ノ塔があります。

2012031809

山村の眺めが良い雰囲気でした。

2012031810

吾野駅に着いたのはまだ12時前。雨にも降られることなく歩けました。

« 馬頭刈山 | トップページ | 千手山から弾左衛門ノ峰 »

登山(奥武蔵)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 橋本山から顔振峠:

« 馬頭刈山 | トップページ | 千手山から弾左衛門ノ峰 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ