« 丸山、日向山 | トップページ | 苗敷山、旭山 »

高萱尾根から臼杵山

25日(日)はのんびり起きて奥多摩へ。

2012032501

沢戸橋で下車して歩き出します。盆堀林道を歩いていくと石仏がありました。文政7年とあり、200年近く経ってますが、はっきりとした石仏ですね。

2012032502

高萱尾根に取り付きます。急登に次ぐ急登。なかなかきついです。高萱と思われる付近からは左に作業用らしき踏み跡がありましたが、667点に向かう尾根かな。

2012032503

右手にずっと臼杵山を見て歩きました。急登で尾根に出ます。石津久保山と言うらしいですが、ピークとは思えない場所。ここからは市道山に続く登山道です。

2012032504

一般登山道なんですけど、道標がなくて、本当に登山道なのかなとちょっと半信半疑。ビニールテープは脇に付いてましたが、最近は戸倉三山をやる人も少なくなったのかな。

2012032505

それでも歩いていけば人に会うようになって、臼杵山の頂上。ついこないだ来たような。(^^;

2012032506

やっぱり天気がいいと気持ちいいな。風が強くてちょっと寒かったです。

2012032507

昼食を終えて、さて下山しようかと思ったら、ヒオドシチョウが飛んでいるのを見つけて追います。でも、寒いせいか、地面に止まったまましばらくじっとしていてくれましたので、写真を撮るのも容易でした。

2012032508

少し歩けば、臼杵神社があります。左右の二つは平成16年に新たに置かれた狛犬。現代的なお顔でした。

2012032510

急登が続いたせいか、少し足が痛くなったので荷田子へ行く気がしなくなって元郷へ。でもこちらも結構な急降下がありました。でも1時過ぎにはバス停に着いてしまいました。せっかくのいいお天気にさすがにちょっと軽すぎたかなという感じでした。

« 丸山、日向山 | トップページ | 苗敷山、旭山 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高萱尾根から臼杵山:

« 丸山、日向山 | トップページ | 苗敷山、旭山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ