« 橋本山から顔振峠 | トップページ | 丸山、日向山 »

千手山から弾左衛門ノ峰

20日(火)祝はまた高尾へ。

2012032001

相変わらず陣馬高原行きのバスと相性が悪く1時間待ちになるところ、30分後に大久保行きのバスがあってホッとします。終点で下車して山に取り付きます。まずは千手山へ。三角点と祠がありました。

2012032002

いくつも小さなピークを越えて行きますが、テープなどはなく、なかなか分かり難い所も多いです。伐採された所に出ましたが、この後で支尾根に迷い込んでしまって失敗してしまいました。植林の急斜面を下降し、川まで渡渉するはめになりました。

2012032003

どこに降り立ったのか分かりませんでしたが、法心寺というお寺の案内があり、ようやく現在地が分かりました。石仏があって、無事に降りられたことを感謝してお祈りしました。

2012032004

力石峠まで道路を歩き、再び取り付きます。今度は誤りなく尾根を辿り、久しぶりに来た589m。前よりも暗くなった感じがあります。

2012032005

鳥切場に向かうと小さなピークに出ますが、入山トンネルの上は大きく伐採されていました。ちょうどお昼だったのでここで昼食。この日も遠くに大岳山が見えていました。

2012032006

鳥切場と思えるピークはそれほど顕著なピークではない様子。下っていくと、ランナーさんに会うようになります。市道山への道を分岐し、そのまま直登すると弾左衛門ノ峰でした。

2012032007

しばらく進んでから鉄塔のある尾根を下降します。途中でかなり年配のご夫婦がこの尾根を下っているのにはびっくり。地元の方なのかな?

2012032009

林道に出て、のんびり歩き、関場バス停へ。20分ほど待ちでした。

2012032008

時間があるので少し先の口留番屋跡を見学。石碑がそれと分かるだけのわずかな場所だけが残っていました。

番外編:

2012032010

林道を歩いていて左にある畑を見ると、ブレイクダンスしている人がいるのかと思ったら、かかしで、思わず笑ってしまいました。(^^;

« 橋本山から顔振峠 | トップページ | 丸山、日向山 »

登山(高尾・中央線沿線)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千手山から弾左衛門ノ峰:

« 橋本山から顔振峠 | トップページ | 丸山、日向山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ