« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

次石山

21日(土)は栃木へ。

2012042101

板荷駅で初めて下車して歩き出します。

2012042102

鉄塔巡視路を登っていきます。向こうの左側が次石山、右は手前の430m圏のピークだと思います。

2012042103

二つ目の鉄塔の先は踏み跡に代わり、390m圏のピークに着きます。御嶽山と書かれたプレートと祠が二つほどありました。

2012042104

下りで支尾根に入ってしまって、急降下で下り着いた所は林道でした。小さな社がありました。

2012042105

林道を登っていき、踏み跡を辿って尾根に戻れました。藪っぽい岩場の登りはかなりきつかったです。430m圏のピークを過ぎると先に次石山と右には岩峰が見えてきます。しかしその先も枝藪がかなりありました。

2012042121

途中には予想外のアカヤシオ。まったくお花は期待していなかったので、うれしい誤算でした。

2012042117

次石山に着きます。祠がありましたが、眺めもないピークです。

2012042106

最初は岩峰に行くつもりはなくて、途中で引き返して先まで進んだのですが、やっぱり登りたいと思い、次石山に引き返しました。手前に岩場がありますが、そこから見る岩峰はとても登れそうに思えない山でした。

2012042107

かなり厳しい鎖場もあり、高度感があってドキドキものでした。なんとかピークに着くことができました。大きな石祠が置かれていました。

2012042108

どんより天気でしたのであまり期待はしていませんでしたが、向こうに見えるのは古賀志山でしょうか。いつかは行ってみたいものです。

2012042122

ヒカゲツツジもよく咲いていました。

2012042109

登り返しもかなりきつかったですが、無事に次石山に戻り、先へ進みます。ルートファインディングが必要な尾根を歩いていき、かなり薄い踏み跡を辿ると雷電山と書かれたピークに着きます。ここにも石祠があります。

2012042110

さらに踏み跡を辿って送電鉄塔で休憩。さらに先へ進み、360mの小ピークで曲がって城山へ。途中にはベンチがあって、八方館と書かれていました。

2012042111

先へ進めば城山に着きます。四等三角点と石祠が新旧二つありました。

2012042112

南へ進み、しばらく下った所で折り返して北へ。あまり歩かれていない踏み跡を辿ると、民家の裏手に降り立ちました。石碑も見掛け、昔は城山への入口だったのかも。道路に出て、下小代駅に向かいました。

2012042113

思惟観音などの石仏を結構見掛けました。

2012042114

途中では桜がよく咲いています。曇りの天気が恨めしいです。

2012042115

下小代の駅前にはこれまた桜の巨木。いつ頃からある木でしょうね。

2012042116

植栽のような気がしますが、ミツバツツジが咲き、向こうには旧駅舎が保存されています。がらんとした旧駅舎はやはり寂しい。

1時間に1本ほどなので、ホームから桜を眺めながら、のんびりと電車を待ちました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大山へ

15日(日)は大山へ。

丹沢・大山フリーパスBを買うのも、秦野駅からヤビツ峠行きに乗るのも随分久しぶり。

2012041501

ヤビツ峠から札掛方面に向かいます。登山道を下りましたがだいぶ荒れています。ミツマタが咲いていました。

2012041502

地獄沢尾根に入ると、それはもうあるわ、あるわ。まさに「宴」のようでした。

2012041503

急な尾根をひたすら登っていきます。

2012041504

しばらく登ると少し平坦な所に出ます。まだ春は来ていないようです。

2012041505

送電鉄塔に出れば、もうそこは大山北尾根。

2012041506

大山まではまだ距離があります。随分久しぶりの大山北尾根ですが、踏み跡が濃くなっていました。

2012041507

裸地化も進んでいるようです。

2012041509

山頂に着くと、たくさんの人で大賑わいでした。前はまったく木など興味なかったけど、ご神木の雨降木というブナの木だそうです。大きすぎて写真に入りませんでした。

2012041510

下りは金比羅尾根へ。すぐに登ってくる人に会ったけど、それ以外は誰にも会わず静かな道でした。

2012041511

まだダンコウバイがひっそりと咲いていました。下っていると、銅線が足下にあってひっかかり、前のめりに転倒して手のひらを強打。打撲で済みましたけど、気を付けないといけませんね。

2012041512

諸戸神社の前に出ました。

2012041513

ヤビツ峠に出ましたが、バス待ち40分。なので久しぶりに蓑毛まで下ることにします。途中にはヤマルリソウが咲いていました。

2012041514

蓑毛のバス停のすぐ先に大日堂というお堂などがあります。そこに咲いている桜が見頃でなかなかきれいでした。

2012041515

人も少なく、静かに見学。

2012041516

天気が残念でしたが、やはり桜はよいものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西ノ入浅間山、三品石尊山

8日(日)は秩父へ。

東武線小川町駅でJR八高線に乗り換えて折原駅で下車して歩き出します。

2012040801

気持ちの良い晴天。山に向かいますが、菜の花が咲き、うららかな春を楽しみながら歩いていきます。

2012040802

途中、白髭神社に立ち寄り、山行の無事をお祈りしていきます。ここには畠山重忠の伝説があり、馬で乗り上げたという岩がありますが、とても馬で乗れるようには思えない大きな岩でした。

2012040803

さらにしばらく歩くと、梅林があり、その向こうには形の良い西ノ入浅間山が見えてきました。

2012040804

さらに緩やかに登っていくと、仙元名水に着きます。手が切れるような冷たい水がたっぷりと出ていました。あまりにも冷たいのであまり飲めなかったですが、美味しい水でした。

2012040806

さらに進んで分岐を右に行きます。小さなピークをいくつもこなすと、三品石尊山に着きました。社があります。

2012040805

東方面の眺めがあり、上越の山か、まだ白い雪の残る山を見ることができました。

2012040807

踏み跡も定かでない所を通って尾根に出て、しばらく歩くと畑に出ました。そこには梅の木があってきれいに咲いていました。

2012040808

鉄塔巡視路に出て少し登ると鉄塔に出ます。そのあたりからもやはり上越方面の山を見ることができました。気持ちの良い場所で昼食にしようと座ったら、トゲのある雑草があってお尻に刺さって痛いこと。やっぱり藪山ですね。

2012040809

しばらく巡視路を進んでいくと、雑木の間から浅間山が見えてきます。

2012040810

途中で曲がって、わずかな踏み跡を急登。かなりきつい登りで浅間山にたどり着きました。社がありますが、もう扉も壊れていて、中もだいぶ傷んでいる様子。地元の方も、もう山に入ることも少なくなって、ここまで登って来る人も滅多にいないのでしょうね。周りは樹林に囲まれ、ごくわずかしか眺めはありませんでした。

2012040811

山頂からはロープの付いた急な下り。少し慎重に下り、仙元名水に戻るのが普通ですが、東へ下りたく、磁石で方向を確認しながら踏み跡を探しました。なんとかそれらしい踏み跡を見つけて下っていきます。

2012040812

竹林の中を通り、下り着いた所はじゃりの敷かれた広い場所。そこはお寺の裏手でした。このお寺が下りたかった明善禅寺。今は無住で静かなお寺でした。

2012040813

のんびり歩いていきます。梅でしたが、遠くから見ると桜のようにも見え、里山の春という雰囲気でした。

2012040814

折原駅に出ましたが、1時間20分待ち。地形図を見ると寄居駅や鉢形駅まで歩けそうな距離です。まだ時間も早いし、東武線の駅に出れば池袋までわずかに運賃も安くなるので、道路歩きが長かったですが30分強歩いて鉢形駅まで出ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高遠さくらの湯

片倉から乗ったバスは高遠駅(バス停)行きですが、高遠さくらの湯を経由します。
なのでそこで下車して温泉に浸かることにしました。

2012040720

入浴料は600円と意外な料金でした。高台にあって、高遠の町から少し離れていることもあるのでしょうか。

内湯と露天風呂があります。中規模のお風呂で、広いというほどではありませんが必要充分な大きさ。たっぷりとお湯が流れています。

お湯はアルカリ単純温泉でPH9.6ということでしたが、入るとものすごいぬるぬる感があります。こんなにすごいお湯があったなんてかなりびっくりでした。わずかに循環臭がありますが、嫌な感じはまったくありません。楽しくなって顔を何度も洗いすぎたせいか、後でひりひりするぐらい強いお湯でした。比較的ぬるめに感じましたが、体が冷えていたこともあったようで、露天風呂から戻ってくるとそれなりにあったようです。

露天風呂はこじんまりとしています。お湯は人があまり入っていなかったせいか、少し熱めになっていて、熱くなったら外に出て冷やす、というのを繰り返しました。

湯上がりはのんびりした後、ここから伊那市方面行きのバスがあり、それに乗って伊那北駅に出て帰りました。

本当に良いお湯でした。また再訪したい所ですが、やはり遠いですね。
桜は咲いていませんでしたが、このお湯に浸かれただけで満足しました。
山と温泉を堪能した、記憶に残る一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

守屋山

7日(土)は長野の守屋山へ。

2012040701

茅野駅から守屋山登山口経由高遠行きのバスは4月のわずかな期間のみの季節運行です。今年2012年は4月7日~22日までの運行になっています。なので一度は行ってみたいと守屋山に出掛けました。

2012040702

しばらく登っていくと林道が左に見えます。今は雪があるけどない時期ならばもう少し先まで入れるのかな。緩やかに下ると守屋山が見えました。

2012040703

ザゼンソウの群生地がありますが、もちろん咲いていません。まだしばらくかかるでしょうね。

2012040704

大きな表示のある登山口を通ります。

2012040705

守屋山東峰に着きます。広い眺めの山頂ですが、やはり雲が多くそれほどは見えませんでした。下に見える諏訪湖もぼんやりという感じでした。

2012040706

少し先には柵に覆われた石祠があります。守屋山神社奥宮だそうです。

2012040707

しばらく歩くと守屋山西峰に着きます。

2012040708

大きな一等三角点ですが、だいぶ摩耗していますね。角も削られてしまっているようです。

2012040709

なんとか中央アルプス方面を少し見ることができました。しかし寒いこと。風花も舞い、急に冷気がやってきて食事を終えたらさっさと下山にかかります。

2012040710

守屋山登山口へ戻るのが普通ですが、そこはバス利用なので片倉を目指します。踏み跡もありますが、あまり歩かれていない感じ。でも地元の方が付けたと思われる片倉を示す白いプレートが点々とあって迷うことはないでしょう。

2012040711

しばらく下っていくと分岐があり、右に松尾峠への道が分かれます。時計と相談しながら松尾峠に行ってみることにしました。

2012040712

さすがにこちらへ入る人は少ないようで踏み跡を辿ります。しばらくすると作業道のような道がありましたが、松尾峠の直前では断崖に出てしまいました。少し戻り、踏み跡もない斜面をなんとか下って道路に降り立ちました。

2012040713

車道だと遠回りなので、地形図の点線コースが気になり、探してみました。旧道をしばらく探索しますが入口が見つかりません。仕方なく、えいやと尾根らしき所を下ると、踏み跡を見つけることができ、古い峠道であることが分かりました。だいぶ倒木などで埋もれ掛けている道でした。

2012040714

下部まで続いていて林道に降り立ち、少し進むと橋があって沢を渡れました。反対側には片倉に続く道が伸びていて、それを辿りました。

2012040715

フェンスの扉を通り、のんびり下っていくと、首尾良く片倉のバス停に出ることができました。土日は13時30分頃に1本だけ高遠行きのバスがあります。30分ほど待って来たバスはやはり乗客は自分一人でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

武田乃郷 白山温泉

旭山の帰りはしばらく歩いて白山温泉へ。

2012040121

入浴料は600円。券売機で買って受付の方に手渡します。

お風呂は内湯と露天風呂があり、いずれもそんなに大きくはありません。
お湯はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉とのことですが、ごくさらっとした感じのお湯です。若干循環臭がありましたが、塩素臭はあまりせず、そんなに悪い感じはありません。

露天風呂はぬるめの感じで、八ヶ岳を見ることもできました。
地元の方が多いようで、それほど出入りも激しくはなく、のんびりと浸かれました。
やはり人の少なめの温泉はいいものですね。

昼食を持っていたので入りませんでしたが、隣にはお蕎麦屋さんもありました。
なんとなく体がしっとりした感じ。やはりいいお湯でした。

本数は少ないですが施設を出てわずかに歩いた所にバス停もあります。
少し待てば乗れるようでしたが、帰りは駅まで歩いてみると、1時間はかからずに着きました。

いい山といい温泉で、また記憶に残る一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苗敷山、旭山

1日(日)は韮崎の低山へ。

早朝の電車を乗り継いで韮崎駅で下車。社会福祉村行きのバスに乗り、竹ノ内バス停で下車します。最近、土日は100円になったそうです。やはり乗る人が少ないのでしょうね。

2012040101

わずかに進むと穂見神社の里宮があります。地元の方がたくさんいてお掃除をされていました。

2012040102

安全をお祈りしてから奥宮に向かいます。

2012040103

しばらく登り、林道に出て少し歩くと立派な石鳥居があります。たくさん人がいて、お話を聞くと来週がお祭りだそうでその準備のようでした。この神社は東京の高尾山とも繋がりがあるというお話を聞くことができました。

2012040104

しばらく登ると富士を見ることができますが、残念ながら春霞でぼんやりでした。

2012040105

登っていくと丁目石をいくつも見ることができます。登山道の途中でも整備をされている方が何人もいらっしゃいました。

2012040106

上の方に登り着くとアスナロの巨木があります。これは山梨県の指定天然記念物になっています。

2012040107

これは6地蔵の一種でしょうか。石に回るように彫られていて、かなりの年数を経過していることが伺えます。

2012040108

江戸時代の建物らしい穂見神社の奥宮。ここも地元の方が清掃されていて、持って行けと小さなお菓子を頂いてしまいます。

2012040109

神社の裏手に回り込み、藪に突っ込んですぐに林道を渡ります。その先は薄い笹藪でしたが、すぐに終わり、明るい伐採地に出ました。通り過ぎて踏み跡を辿れば、旭山の山頂に着きました。ひっそりとした場所に三角点が埋まっているだけで、樹林の中で眺めもない場所でした。

2012040110

北に進んでから東の尾根に入ります。踏み跡はごくわずか。地図を読みながら下ります。明るい場所があり、お茶を飲んでしばらく休憩しました。

2012040111

下っていきますが、なかなか難しく、結局枝尾根に入ってしまいます。ただ、国調図根点の標石を見掛けたので下れるだろうとそのまま尾根を下りました。途中にはダンコウバイがよく咲いていました。結局、怪しい踏み跡を辿ってなんとか沢に降り立ち、少し先で道路に出られました。

2012040112

少し先に神社がありました。無事に下れたのでお祈りしようと立ち寄ると地元の方が集まっていました。飲んでいけと言われましたが申し訳ないので断ると、御神酒だから持っていけと缶ビールまで頂いてしまいました。

2012040113

歩いていくと、向こうには茅ヶ岳や奥秩父の山々、左には八ヶ岳を見ることができました。
お天気もよく、心温まる山行でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »