« 高遠さくらの湯 | トップページ | 大山へ »

西ノ入浅間山、三品石尊山

8日(日)は秩父へ。

東武線小川町駅でJR八高線に乗り換えて折原駅で下車して歩き出します。

2012040801

気持ちの良い晴天。山に向かいますが、菜の花が咲き、うららかな春を楽しみながら歩いていきます。

2012040802

途中、白髭神社に立ち寄り、山行の無事をお祈りしていきます。ここには畠山重忠の伝説があり、馬で乗り上げたという岩がありますが、とても馬で乗れるようには思えない大きな岩でした。

2012040803

さらにしばらく歩くと、梅林があり、その向こうには形の良い西ノ入浅間山が見えてきました。

2012040804

さらに緩やかに登っていくと、仙元名水に着きます。手が切れるような冷たい水がたっぷりと出ていました。あまりにも冷たいのであまり飲めなかったですが、美味しい水でした。

2012040806

さらに進んで分岐を右に行きます。小さなピークをいくつもこなすと、三品石尊山に着きました。社があります。

2012040805

東方面の眺めがあり、上越の山か、まだ白い雪の残る山を見ることができました。

2012040807

踏み跡も定かでない所を通って尾根に出て、しばらく歩くと畑に出ました。そこには梅の木があってきれいに咲いていました。

2012040808

鉄塔巡視路に出て少し登ると鉄塔に出ます。そのあたりからもやはり上越方面の山を見ることができました。気持ちの良い場所で昼食にしようと座ったら、トゲのある雑草があってお尻に刺さって痛いこと。やっぱり藪山ですね。

2012040809

しばらく巡視路を進んでいくと、雑木の間から浅間山が見えてきます。

2012040810

途中で曲がって、わずかな踏み跡を急登。かなりきつい登りで浅間山にたどり着きました。社がありますが、もう扉も壊れていて、中もだいぶ傷んでいる様子。地元の方も、もう山に入ることも少なくなって、ここまで登って来る人も滅多にいないのでしょうね。周りは樹林に囲まれ、ごくわずかしか眺めはありませんでした。

2012040811

山頂からはロープの付いた急な下り。少し慎重に下り、仙元名水に戻るのが普通ですが、東へ下りたく、磁石で方向を確認しながら踏み跡を探しました。なんとかそれらしい踏み跡を見つけて下っていきます。

2012040812

竹林の中を通り、下り着いた所はじゃりの敷かれた広い場所。そこはお寺の裏手でした。このお寺が下りたかった明善禅寺。今は無住で静かなお寺でした。

2012040813

のんびり歩いていきます。梅でしたが、遠くから見ると桜のようにも見え、里山の春という雰囲気でした。

2012040814

折原駅に出ましたが、1時間20分待ち。地形図を見ると寄居駅や鉢形駅まで歩けそうな距離です。まだ時間も早いし、東武線の駅に出れば池袋までわずかに運賃も安くなるので、道路歩きが長かったですが30分強歩いて鉢形駅まで出ました。

|

« 高遠さくらの湯 | トップページ | 大山へ »

登山(奥武蔵)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西ノ入浅間山、三品石尊山:

« 高遠さくらの湯 | トップページ | 大山へ »