« 大山へ | トップページ | 権現山北尾根から尾名手尾根 »

次石山

21日(土)は栃木へ。

2012042101

板荷駅で初めて下車して歩き出します。

2012042102

鉄塔巡視路を登っていきます。向こうの左側が次石山、右は手前の430m圏のピークだと思います。

2012042103

二つ目の鉄塔の先は踏み跡に代わり、390m圏のピークに着きます。御嶽山と書かれたプレートと祠が二つほどありました。

2012042104

下りで支尾根に入ってしまって、急降下で下り着いた所は林道でした。小さな社がありました。

2012042105

林道を登っていき、踏み跡を辿って尾根に戻れました。藪っぽい岩場の登りはかなりきつかったです。430m圏のピークを過ぎると先に次石山と右には岩峰が見えてきます。しかしその先も枝藪がかなりありました。

2012042121

途中には予想外のアカヤシオ。まったくお花は期待していなかったので、うれしい誤算でした。

2012042117

次石山に着きます。祠がありましたが、眺めもないピークです。

2012042106

最初は岩峰に行くつもりはなくて、途中で引き返して先まで進んだのですが、やっぱり登りたいと思い、次石山に引き返しました。手前に岩場がありますが、そこから見る岩峰はとても登れそうに思えない山でした。

2012042107

かなり厳しい鎖場もあり、高度感があってドキドキものでした。なんとかピークに着くことができました。大きな石祠が置かれていました。

2012042108

どんより天気でしたのであまり期待はしていませんでしたが、向こうに見えるのは古賀志山でしょうか。いつかは行ってみたいものです。

2012042122

ヒカゲツツジもよく咲いていました。

2012042109

登り返しもかなりきつかったですが、無事に次石山に戻り、先へ進みます。ルートファインディングが必要な尾根を歩いていき、かなり薄い踏み跡を辿ると雷電山と書かれたピークに着きます。ここにも石祠があります。

2012042110

さらに踏み跡を辿って送電鉄塔で休憩。さらに先へ進み、360mの小ピークで曲がって城山へ。途中にはベンチがあって、八方館と書かれていました。

2012042111

先へ進めば城山に着きます。四等三角点と石祠が新旧二つありました。

2012042112

南へ進み、しばらく下った所で折り返して北へ。あまり歩かれていない踏み跡を辿ると、民家の裏手に降り立ちました。石碑も見掛け、昔は城山への入口だったのかも。道路に出て、下小代駅に向かいました。

2012042113

思惟観音などの石仏を結構見掛けました。

2012042114

途中では桜がよく咲いています。曇りの天気が恨めしいです。

2012042115

下小代の駅前にはこれまた桜の巨木。いつ頃からある木でしょうね。

2012042116

植栽のような気がしますが、ミツバツツジが咲き、向こうには旧駅舎が保存されています。がらんとした旧駅舎はやはり寂しい。

1時間に1本ほどなので、ホームから桜を眺めながら、のんびりと電車を待ちました。

« 大山へ | トップページ | 権現山北尾根から尾名手尾根 »

登山(那須・栃木)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 次石山:

« 大山へ | トップページ | 権現山北尾根から尾名手尾根 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ