« 西ノ入浅間山、三品石尊山 | トップページ | 次石山 »

大山へ

15日(日)は大山へ。

丹沢・大山フリーパスBを買うのも、秦野駅からヤビツ峠行きに乗るのも随分久しぶり。

2012041501

ヤビツ峠から札掛方面に向かいます。登山道を下りましたがだいぶ荒れています。ミツマタが咲いていました。

2012041502

地獄沢尾根に入ると、それはもうあるわ、あるわ。まさに「宴」のようでした。

2012041503

急な尾根をひたすら登っていきます。

2012041504

しばらく登ると少し平坦な所に出ます。まだ春は来ていないようです。

2012041505

送電鉄塔に出れば、もうそこは大山北尾根。

2012041506

大山まではまだ距離があります。随分久しぶりの大山北尾根ですが、踏み跡が濃くなっていました。

2012041507

裸地化も進んでいるようです。

2012041509

山頂に着くと、たくさんの人で大賑わいでした。前はまったく木など興味なかったけど、ご神木の雨降木というブナの木だそうです。大きすぎて写真に入りませんでした。

2012041510

下りは金比羅尾根へ。すぐに登ってくる人に会ったけど、それ以外は誰にも会わず静かな道でした。

2012041511

まだダンコウバイがひっそりと咲いていました。下っていると、銅線が足下にあってひっかかり、前のめりに転倒して手のひらを強打。打撲で済みましたけど、気を付けないといけませんね。

2012041512

諸戸神社の前に出ました。

2012041513

ヤビツ峠に出ましたが、バス待ち40分。なので久しぶりに蓑毛まで下ることにします。途中にはヤマルリソウが咲いていました。

2012041514

蓑毛のバス停のすぐ先に大日堂というお堂などがあります。そこに咲いている桜が見頃でなかなかきれいでした。

2012041515

人も少なく、静かに見学。

2012041516

天気が残念でしたが、やはり桜はよいものでした。

« 西ノ入浅間山、三品石尊山 | トップページ | 次石山 »

登山(丹沢)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大山へ:

« 西ノ入浅間山、三品石尊山 | トップページ | 次石山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ