« 大久保山から大谷ヶ丸 | トップページ | 寺家ふるさと村 »

田野の湯

大谷ヶ丸の帰りは田野の湯へ。
景徳院からバスも乗れましたが、そんなに遠くはないので歩いて向かうことに。
でも、結構登りです。

2012052616

入浴料は600円です。
元々は「甲州市 大和福祉センター」という名前から分かる通り、福祉を目的とした施設ですが、一般の人でも日帰り入浴ができます。
でも、入るのに自分は勇気がいりました。(^^;

以前に入ろうかと来たことがあったのですが日曜日でお休みでした。
ちなみに、日曜日、月曜日、祝日が休業日のようです。

成分表は見落としましたが、どうやら単純硫黄冷鉱泉らしいです。
入ると柔らかいお湯です。ただ、この日はちょっと暑く、あまり長湯はせずに露天風呂へ。

こちらは普通に入ると胸ぐらいまでしかお湯がなく、全身入ろうと思うと、ちょっと寝る感じで入ることになります。

人が少なく、とても静かに入れました。
ちょっとお風呂が殺風景なのが、玉に瑕ですが、福祉施設ですから仕方がない面もありますね。

また、こちらの山への帰りに時間があれば立ち寄りたいです。

ちなみに、お風呂を出て、バスに間に合いそうだと、急いで景徳院入口に向かいましたが、反対方向の時間を覚えていたらしく、乗るはずのバスは横を通り過ぎていきました。なので、駅まで30分ほど歩くはめになってしまいました。

« 大久保山から大谷ヶ丸 | トップページ | 寺家ふるさと村 »

温泉(中部)」カテゴリの記事

コメント

リブルさん、こんにちは。

>でも、入るのに自分は勇気がいりました。(^^;

どんな勇気でしょう・・・・わかる気がしますが^▽^;
そうそう、近いと思いきや結構登るんですよね。
火事場のなんとやら、あの足でここまで歩けた自分が不思議に思えます(笑)

cyu2さん、こんにちは。

バスが100円ぐらいだったら乗ったと思いますけど、
300円払うのはちょっともったいない距離ですね。
やまと天目山温泉に行こうか迷ったのですが、やはり入ったことがなかったので行ってみました。

ハチに刺された時に行かれたのでしたっけ?
そっちの方が勇気がいりますね。(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田野の湯:

« 大久保山から大谷ヶ丸 | トップページ | 寺家ふるさと村 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ