« 権現山北尾根から尾名手尾根 | トップページ | 高ワラビ尾根 »

荒川付近散歩

29日(日)は荒川付近をウォーキング。

総武線平井駅を下車して、まずは諏訪神社へ。

2012042901

ここには小さな富士塚があります。石祠にお参りするだけです。

2012042902

旧中川を渡り、少し歩いて白髭神社。新編武蔵風土記稿にも村の鎮守として書かれていたと説明版にありました。

2012042903

ちょっと分かり難かったけど、少し歩くと立花大正民家園があります。大正時代に建てられた建物で、地震でも空襲でも焼けなかった貴重な建物です。玄関しか見ませんでしたが、古きよき時代の雰囲気が残っていました。

2012042904

旧中川に出ると、川沿いにベンチがあるので昼食。気持ちよい風が心地よかったです。

2012042905

平井さくら公園を過ぎ、荒川に出て、しばらく荒川沿いを歩きました。風があったけど、直射日光が結構きつく、暑かったです。

2012042906

適当な所で荒川沿いに歩くのを打ち切り、右に下ってしばらく探すと、最勝寺(目黄不動)に着きました。お参りしていきます。

2012042907

亀戸に向かって歩いていきます。再度、旧中川を渡るふれあい橋のあたりからはスカイツリーが見えました。やはり大きいですね。亀戸駅まで歩きました。

« 権現山北尾根から尾名手尾根 | トップページ | 高ワラビ尾根 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 荒川付近散歩:

« 権現山北尾根から尾名手尾根 | トップページ | 高ワラビ尾根 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ