« 相模湖嵐山から高尾山 | トップページ | 玉川上水散歩2 »

矢切の渡し

16日(土)は雨の日ウォーキングへ。

2012061601

北総線に乗って矢切駅で下車して歩き出します。しばらく歩くとじゅんさい池緑地。
遙か昔にじゅんさいが取れたそうですが、昭和初期に絶滅し、復活させるために緑地として造成されたようです。写真のあたりはじゅんさいが栽培されているのかな。

2012061602

途中で分断されていますが、なかなか横長に大きな池です。さすがにどんより雨ではほとんど歩いている人もいませんでした。

2012061603

少しはお花を期待したのですが、さすがに5月中旬くらいが見頃のキショウブは一輪だけでしたが、なんとか残っていました。

2012061604

桜並木を見て歩き、里見公園へ。ここにはバラの花壇があります。

2012061605

どんより雨模様の中でもこの一角は少し明るい感じでした。

2012061606

公園内には北原白秋の旧居を復元した紫烟草舎がひっそりとあります。裏手を下ると羅漢の井という湧き水が出ています。残念ながら飲用には適さないようです。江戸名所図会にも載っているという古くから知られた井戸のようです。(写真の部分は工事によって作られたもので、実際の井戸はこの上にあるそうです。)

2012061611

横の通りに出れば、江戸川が広がっています。

2012061607

しばらく土手の上を歩いていき、矢切の渡しを目指します。

2012061608

ようやく着いた矢切の渡し。

2012061609

残念ながら雨の日は欠航のようです。これを渡れれば帝釈天まで近いのですが、さらに1Km以上先の大きな橋まで歩き、また1Km以上対岸を歩いて戻ることになってしまいました。霧雨が横に飛ぶくらいに吹き付けてくるので、足下がびしょぬれになってしまいました。

2012061610

ようやく柴又帝釈天についてお参り。
高木屋老舗で草だんごを買って帰りました。
家で食べたらとっても美味しかったです。

« 相模湖嵐山から高尾山 | トップページ | 玉川上水散歩2 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

雨の中、千葉県までようこそ~~(笑)
前回の平井も遠かっただろうに、よく調べてるなぁって感心です。

じゅんさい池は、昔アサザを見に行った事があるんですが。
小さな池に、イノカシラフラスコモ(車軸藻)って云う珍しい藻があるんだそうですョ。
市川市のweb載せておきますので、興味あったらどうぞ~です。

市川市…http://www.city.ichikawa.lg.jp/env02/1521000004.html

矢切の渡し…私も何時か乗ってみたいんだよなぁ。
里見公園→矢切の渡しでしたら、江戸川の支流・坂川を見てるよね。
ここに、フジバカマの保護地があるらしく、何時か行こうと狙ってます(^^)

れれちゃん、こんにちは。

時間的にはそんなでもなかったですよ。
それよりも運賃の意外な高さにびっくりしましたが。

なるほど、じゅんさいでさえ貴重だと思いますけど、さらに貴重な植物もあるのですか。
緑地を復活させるという事は、とても意味があったようですね。

坂川は排水機場の所で横切ったみたいです。
フジバカマは知らなかったので検索してみて出てきた写真を見たら、
ヒヨドリバナに近いなと思ったのですが、近縁種なんですね。

ちなみに、矢切の渡しの渡船場までは、土日祝は松戸駅からバスがありますよ。(210円)
それを使えば、あまり歩かなくても行けます。
自分も乗ろうかと思ったのですが、草だんごが食べたかったので...。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 矢切の渡し:

« 相模湖嵐山から高尾山 | トップページ | 玉川上水散歩2 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ