« 石神井公園散歩 | トップページ | 久しぶりに尾瀬 その2 »

久しぶりに尾瀬へ その1

14日~15日で久しぶりに尾瀬に行ってきました。

夜行バスで鳩待峠へ。予想はしていましたが、やっぱり雨。

2012071501

雨具をつけて歩き出し、ひたすら緩やかな木道を辿っていきます。横田代は静かな湿原でした。

2012071502

中原山の三角点を通りますが、そういえば三角点は見忘れました。

2012071503

広いアヤメ平。晴れていればなぁ。また今度来ようっと。

2012071504

昭和30年頃に踏みつけにより裸地化したという所を修復していますが、50年経ってもまだ完全に修復はされません。いかに高層湿原は弱いかという事を物語っていますね。

2012071505

木道でコケて手にやたらとトゲがささってしまいました。富士見小屋に入り、コーヒーブレイク。さすがに朝早い時間でお客さんはおらず、小屋番さんとちょっと話し込んでしまいました。

2012071506

龍宮へ降りますが、これまた木道が滑って、2回ほどコケてしまいます。お陰で手に傷を作ってしまいました。
龍宮まで来ると雨が止んでのんびり散策できるようになります。ニッコウキスゲがポツポツと咲いていて、他にもトキソウやサワランなどがたくさん咲いていました。

2012071507

久しぶりの下田代十字路。この時期の尾瀬は初めてですが、やはり随分草が伸びてますね。弥四郎清水は今も健在。たっぷりと水が流れていて、しっかり2.5L汲んでザックが重くなりました。

2012071508

東電小屋に向かいます。こちらに向かうといつもながら人が少ないので静かな感じがあります。

2012071509

途中で曲がって東電小屋へ。まだ受付前の時間だったので静かな感じでした。

2012071510

ヨッピ橋を渡って、龍宮に戻り、山の鼻を目指します。さすがに龍宮から先は日帰りの人も多く、バスの時間が気になるのか、早足で歩いている人が多いです。途中にはニッコウキスゲが結構咲いている所がありました。至仏山をバックに一枚。

2012071511

尾瀬のパンフレットなどによく出てきそうな写真が撮れました。

2012071512

途中の池塘では逆さ燧も見ることができました。

2012071513

山の鼻に到着。1時30分過ぎだというのに、もういい場所は押さえられていました。とりあえずテントを張って受付。一人800円でした。

2012071521

350mlのビールは480円、500mlが580円、というのをみると、ついつい500mlを買ってしまいます。酔っぱらった後もまだ時間があるので、尾瀬植物研究見本園を一周してお散歩。アヤメがたくさん咲いていました。夕方にはやっぱり雨。

夜には山の鼻ビジターセンターのスライドショーで至仏山のバーチャル登山。明日は晴れてくれるかな、と思ったら、やっぱり夜にはまた雨が降り出したようでした。

その2へ続く。

« 石神井公園散歩 | トップページ | 久しぶりに尾瀬 その2 »

登山(尾瀬・日光)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに尾瀬へ その1:

« 石神井公園散歩 | トップページ | 久しぶりに尾瀬 その2 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ