« 尾瀬戸倉温泉 尾瀬ぶらり館 | トップページ | 升ヶ滝から岩茸石山、棒ノ折山 »

平石尾根から本仁田山

22日は奥多摩へ。

2012072201

東日原行きのバスを大沢で下車します。他に一人降りましたが、登山者ではなく地元の方のようでした。
平石尾根に向かいます。

2012072202

随分涼しいですが、湿気が多いので、登ると結局それなりに汗はかかされます。鉄塔までは意外に長いじぐざぐ登りでした。

2012072203

こんな山道を通って阿寺沢に向かう人がいるとは思えませんが、なぜか道標があります。
鉄塔巡視路にもなっているので、その方達へ向けたものかもしれませんね。でも別に鉄塔巡視路を示す黄色のポールがありましたが。

2012072204

霧にまかれるとちょっと幻想的な雰囲気。

2012072205

石祠がありましたので、無事に通らせてもらうようにお祈りしていきます。

2012072206

若干岩場もありますが、たいしたことはありません。

2012072207

平石山と思われる所を通り過ぎます。肉眼では気づかなかったのですが、写真を見ると小さなプレートがあったようです。

2012072208

尾根を登っていき、モノレールの軌道を見て、さらに登れば、道標の裏手に辿り着きました。

2012072209

道標の所で川苔山への道に出て、少し進めば本仁田山の山頂。
まだ霧の中でした。

2012072211

ホタルブクロが足下に一つ咲いているだけでした。

2012072213

蜂のブンブン威嚇を受けたのでさっさと撤退。花折戸尾根を下ります。

2012072214

石標のあるチクマ山を過ぎます。

2012072215

ゴンザス尾根と分かれます。

2012072216

伐採地のような所を通りますが、ご覧の通りの藪道。下には踏まれた道があるので迷うことはありませんが、暑い日は相当草いきれがひどいと思います。ズボンが少し濡れてしまいました。

2012072217

ようやく樹林に戻るとホッとします。

2012072221

蜘蛛の芸術作品。

2012072218

小さいダムを見るようになれば、もう後わずか。

2012072219

道標で左折して下ります。

2012072220

線路の横を下って道路に出ました。鳩ノ巣駅まではわずか。

11時30分前に終わった山行は初めてだと思いました。

 

« 尾瀬戸倉温泉 尾瀬ぶらり館 | トップページ | 升ヶ滝から岩茸石山、棒ノ折山 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平石尾根から本仁田山:

« 尾瀬戸倉温泉 尾瀬ぶらり館 | トップページ | 升ヶ滝から岩茸石山、棒ノ折山 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ