« 尾瀬付近のお花達2 | トップページ | 平石尾根から本仁田山 »

尾瀬戸倉温泉 尾瀬ぶらり館

売店でチケットを買うと乗合タクシーもバスも同じ料金のようなので、
鳩待峠から乗合タクシーで戸倉まで乗りました。
その代わりに第一駐車場まで連れて行かれましたが。(^^;

尾瀬ぶらり館は第一駐車場からもバス停からもわずかな距離でした。

2012071580

入浴料は500円と比較的安価。
お風呂は内湯と露天風呂がありますが、いずれもそんなに大きくはありません。6~7人くらいでいっぱいの感じがあります。

お湯は単純温泉のようですが、お風呂に入った時に少し匂いを感じます。
そしてまずは体を洗ったのですが、カランが錆びています。
青錆のようなので、これはもしかしたら、と思いながら内湯に入ると、やっぱりこの香りが!
そんなに強くはありませんが、硫化水素の香りで、自分の好きな硫黄泉系の感じです。

内湯は熱めでわずかにぬるつきが感じられます。すべすべ系の感じ。
露天風呂はぬるめで、こちらは外のせいか、硫化水素臭はあまり感じられませんでした。
庭のような広い場所には人工芝がひかれているのと、石が置かれていたので、そこに座って体を冷やし、またお風呂に、と繰り返しました。

場所的にシーズンは人が多いようですが、それでもなかなかいい温泉でした。

« 尾瀬付近のお花達2 | トップページ | 平石尾根から本仁田山 »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

わー。
そんな施設が出来たのですか?
いままで結構尾瀬の帰りの入浴施設って、電車組には大変でしたよね?
次回利用したいと思います、良い情報ありがとうございました。

cyu2さん、こんにちは。

数年前にできたようで、
今話題(?)の某電力会社系の建物のようです。

沼田近辺には行ってみたい温泉がいくつかありますが、
ついつい途中下車するのが面倒になりますよね。
便利なので、ちょっと混むのが難点ですが、それでもいいお湯だと思いますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尾瀬戸倉温泉 尾瀬ぶらり館:

« 尾瀬付近のお花達2 | トップページ | 平石尾根から本仁田山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ