« 座禅温泉 シャレー丸沼 | トップページ | 川俣東沢渓谷から美し森 »

久しぶりに川原湯温泉

8日は久しぶりに川原湯温泉へ。

2012090801

以前、八ッ場ダムを中止するとかいう話があってすったもんだしていましたが、結局はダムは進められることになったようですね。今回久しぶりに訪れると、やはり民家はさらになくなっており、数軒の旅館とわずかな民家を除いてはほとんど移転したようでした。工事も随分進んでいて、伐採が入って斜面が削られたりしていました。

2012090802

建物が残っていたので行ってみましたが、やはり笹湯は去年の秋で閉鎖されていました。

2012090803

王湯はまだ健在で営業もしています。しかし、ダムができるのももう近いようで、行くならばお早めに。いつもながらの香りのあるいいお湯。しばらく熱い湯に浸かっていたら、みなさん出ていったので独り占めして楽しみました。

2012090804

そろそろ見納めかと川原湯温泉神社へ。でも、ここはたぶん沈まないと思います。

2012090805

最後はもちろん露天風呂で〆。

帰りの電車の中から、代替路線に繋がる橋ができているのが確認できました。
ダムができたら中之条から先は廃線になってしまうかと心配していましたが、一応は継続されそうな希望が見えました。

« 座禅温泉 シャレー丸沼 | トップページ | 川俣東沢渓谷から美し森 »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに川原湯温泉:

« 座禅温泉 シャレー丸沼 | トップページ | 川俣東沢渓谷から美し森 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ